COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日優勝感想等

中日、セリーグ優勝&日本シリーズ進出おめでとう。


広島居住2年間で、久々復帰した広島カープファンも、ブラウン解雇→野村体制に変わった昨秋には、今期の低迷、チーム崩壊を予想し、予想が現実に変わったところで、すっかり距離ができてしまったもの。

広島ホームテレビのようなテレビ中継はないし、なにより勝てないんじゃ、応援のしようがない。唯一マツダスタジアムで観戦した横浜戦に勝ったのが救いで、今年は、ブラウン体制前の弱小広島を髣髴とさせる、ふがいないチームへとすっかり様変わりしていた。

昨秋の野村体制決定時に、周りにいる圧倒的多数の広島熱烈ファンを相手に毒づいていたのだが、監督としての能力ではなく、カープ出身という純血主義へのこだわりが、これまでの長期低迷の最大の原因。山本浩二(再登板)にしろ、達川にしろ、伝統の根性野球で、どれほど将来のある選手を壊してきたか。能力ではなく、出身にこだわる姿勢は、まさに田舎の選挙と同じ思考レベル。これだから日本人はと、まあ腹立たしく思っていたもの。

現有戦力(金をかけず、FAで主力を他球団に譲った残りもの)で優勝なんて期待してないが、そこを采配の妙で2年連続3位を狙える位置まで押し上げたのが、ブラウン。元凶はオーナーの松田氏だとしても、そこはカープ存続を優先し受け入れ、そこに金をかけない分、選手起用と采配で勝てる監督をもってこいと。

今年のマエケンのように、一人の選手だけが賞レースに奮闘し、無理がたたって怪我から復帰できずに、いつの間にかコーチのポストに。伝統の広島根性野球の被害者、山内、沢崎・・・とそんな末路をたどらないことだけを祈りながら。


さて、広島野球を批判つもりはなかったけど、少々熱くなり。広島を外せば、消去法でセリーグは中日を応援することにしているから、中日優勝はかなり嬉しかったり。さすが落合監督。思えば、中日よりも、落合監督を応援しているところがあるから、その分まで。

クライマックスシリーズも、しびれるいい試合ばかり。ホームランが飛び交う大味な試合よりも、一球の重みを感じさせる緊張感のある試合の方が、よほどおもしろい。

ホームランどころか、外野にさえとばないWBCでの日本人の打力、もっと言えばあの松井秀樹でさえ大リーグでホームランが打てない状況でありながら、東京ドームで某セリーグの盟主と世間から呼ばれるチームがホームランを量産することは、日本のプロ野球は、ボール、球場共に細工(工夫?)があり、国際ルールを逸脱しているんだなと妙に納得する。

その点、名古屋ドームは、まだ国際規格に近い形態だから、WBCを髣髴とさせる緊迫した試合を演出できたのではと、感想を持ったり。


パリーグは、近場のソフトバンクよりも、岩隈、田中、山崎等々反骨精神あふれる一流選手が集う楽天を応援しているところがあったが、星野が監督になるようでは、来年から距離を置くことになりそうで、少々残念。

プロ野球中継の視聴率低下なり、数年前から言われ続けている現状の危機に、根本的な解決策をとらず、それぞれの権力者が自らの権限の温存を優先し、小手先の改善でお茶を濁した結果が、さらなる現状の悪化。

本格ドラフトウェーバー制の導入しかり、育成枠という中途半端な制度の整理しかり、選手年棒の管理しかり、テレビ放映権料の分配しかり、日本野球機構の透明性と権限の強化しかり、スポーツとしての公平性担保を前提に、ライブで見るプロ野球の魅力創出という原点に戻り、継続可能なプロ野球経営のルールを定めつつ、日本のプロ野球の展望を描いてほしいものだと思うところで。



・・・・・
今日は、ちょっと今年後半の投資方針について書くつもりだったけど、時間がなくなり、またいつか。

円高基調で、製造業の海外移転が叫ばれているけど、数年後に長期の大幅な円安へと振れることは間違いないだろう。人口減少により日本経済縮小の状況を、不況という言葉で言い表すの正しくなく、さらに進む人口減少社会で生き残る企業が、長期的には有望な投資先。

条件1、海外で稼ぐことができること。経済縮小の日本市場ではなく、海外市場を狙うことが利益を増える条件。ということで、スマートグリッドやネット広告等今後新たに市場が創出される分野を除き、内需関連は対象としない。量産品は、コストの安い新興国に移るため、独自技術を持つ高付加価値品を持つ企業が対象。つまり、長期的な円安基調を見込むから、高付加価値品を製造する国内メーカーで、直接・間接的に海外輸出の増加が見込まれる企業。

条件2、高付加価値品を製造していること。さっそく1と被ったが無視することとして、つまりブランド力の高い製品。数年前のユーロ高の頃、ルイ・ヴィトン等欧州ブランドが平然と値上げし、変わらず日本の消費者が購入したように、円高でも、代替できない価値のあるブランドは、その価格で買われることになり、円安になればさらに収益を上積みすることになる。ガラパゴス化とは自虐的な言葉になっているが、目指すところは、技術なり、サービスなり、徹底的に突き詰めた先に、ブランド化は果たせる。世界基準として選ばれる必要がある分野と、独自路線で市場を開拓する分野を見極める必要がある。


とまあ、単純に書けばそんな点から、おもしろい企業がないかなと物色中。


最後に、昨今の経済政策でも。

製造業の中国等海外進出は今に始まったことじゃなく、コスト削減の結果、市場に近いところじゃないと利益が出せない状況にまで陥っている企業が増えているにしろ、そういう分野は今後国内にいてもプラスの作用は少ないと割り切り、過大に不安を大きく持っても仕方がない。

法人税減税の効果は、企業が言うほど効果が見込めないだろうから、減税に伴う租特法等既存減税廃止とのバランスで、経済界に判断を委ねればいい。

環境関係製造業への支援のように、国内にいても、利益が出せる製造業への支援が求められる。世界に誇る日本人の発想力と、それを価値として国家が保護するが仕組みがあれば、これからの日本の製造業も十分に世界の覇権を握れると、楽観的に期待しているところで。
スポンサーサイト

食文化

最近ショックだったこと、湯田の和食所「双鳩庵 水野」が閉店していたこと。ショックから立ち直ったこと、閉店したと思っていた長門の和食所「桂月」が、「一草庵」に名前を変えて営業していたこと。

・・・、食べることばかりですな。

双鳩庵は、もったいない。高級料亭の流れをくむ店で、静かな個室でいただける繊細な料理は、なかなか他じゃ味わえない。こういう隠れ家的な名店がなくなるのは、本当に残念。ちょっと格がほしい時に利用できる店ってなかなかないものだからね。

一方、桂月は、一安心。和食ランクベスト3の2角がかけたら、うちのページはどうなることやらと。なにより、仙崎産新鮮魚介を上質な調理ととっておきの景色で食べさせてくれる貴重な店。気軽にいろいろな魚介を食べるなら「吉松」、上品に和食コースを食べるなら「桂月」が長門市訪問の定番で、特に料理としてのおいしさ、誰にでも安心して紹介できる点は、桂月に勝る店はなし。

新しくなったホームページを見ると、ちょっとメニューも変わってる様子。数週間のうちには、桂月あらため一草庵を訪問できそうだから、またそんな感想を載せることとしよう。

新しい店はできないけど、昔ながらの店もなくならないという山口食事所への印象が変わりつつあるこの頃。特に、それなり高いレベルを感じているお気に入りの店がなくなるのは、本当に残念。だからといって、それに変わる相応の新しい店ができるわけじゃなく、チェーン系列居酒屋大衆店が次々と大通りに看板を掲げだす現実。

経済原理といえば言葉はいいけど、もう少し文化の面にも光を当てたいと思うところ。その地域で根付いている食事所は、まさにその町の食文化。特に、老舗の料理屋ともなると、その町の息吹で作り上げられた、独特の風格がある。一度消えた灯火は、二度と戻らない。そんな文化が続くよう、もう少し意識してお店を訪ねたいなと思うところで。

読書観

「練習開始」

萩マラソンのハーフに今年も参加。そろそろ練習を本格化と、この3連休で30km(10km×3日)走ってみる。

なかなかいい練習コースを見つけられなかったけど、この連休でついに発見。山あり谷ありと少々過酷ながら、景色がいろいろ変わるところがお気に入り。国道を真っ直ぐ5km先までという従来コースは、すぐに飽きてしまい、精神的に辛いものがあったため。

これから始まるマラソンシーズンに向け、順調なスタートを切ったところ。これから増えるだろう練習状況の報告にお付き合いを。




「読書観」

うーむ、意外とhiro本の評価が高いなと、はや発行2年半経過しながら、自信を持つ。

もともと無料プレゼントな上、身近な人に限って渡しているから、悪く言う人がいるはずはないんだけど、具体的にあの日記がよかった、思わず時間を忘れていっきに読んだ、文章力があるねと褒められると、へー、おもしろいと思ってくれるんだと嬉しくなる。

特に身近な人にとっては、こんな一面があるんだというギャップがいいよう。近づいてみれば、意外と気さくでおもしろく、頼ってみれば意外と面倒見がいいという最新の自己分析は、近づき難いオーラをまとっているが故。仕事以外の付き合いも、消極的かつめんどくさがりなところから、その実態を知る人は少なく、そんな考え方をしてるんだ、そんな旅行に行ったりするんだと、新鮮であるらしい。

結局hiro本は、このホームページを再編集した内容だから、ここを前からご存知の方は、特に目新しい内容でもないんだけど、活字だからこその読みやすさ、おもしろい内容を厳選していたりするから、手っ取り早く内容知るにはちょうどいいと言えるのだろう。

一方、そんなたまに聞く本の感想に対する反応が、だんだんと難しくなっている現実も。なにせ、2年半前に作った本。どんな内容になっているか、忘れていることも多々。全体構成や、何の旅行記を載せてるかは把握しているけど、詳細内容は感覚レベル。日記に至っては、印象がかなり薄い。

あれ良かったねといわれても、そういえば載せてたねとつれない返事になってしまう。本を渡すお返しに、必ず感想を聞かせてといいながら、自分が覚えていないんじゃ、仕方がない。とまれ、今さら復習するつもりはなく、感想だけが楽しみだから、今後もこの状況が続くことになるんだけど。


そんな感想の中で、いろいろ本を読んでるねといわれて、へー、そんな印象持つ内容だったっけと振り返る。基本、本をよく読むとは、月10~20冊、かつ本の種類も世界的な権威の哲学書や思想本を押さえて初めて与えられる称号と勝手にハードルを上げているから、そんなレベルにないと軽く否定。

興味のある分野や、知識として押さえておきたい内容、おもしろい小説は相変わらず月数冊と読んでいるけど、時間を惜しんでではなく、空いている時間にが現状。情報は鮮度というところもあり、週末、カフェに数時間入り浸ってのまとめ読みと、その手法も変わらず。

本当は、哲学書でも、ビジネス書でも、その世界の大家の本を読み、人生の糧としたいところだが、そこに至らず手っ取り早く現状の課題に対する知識を要領よく得ようとしてしまい。


ちなみに、本は借りずに本屋で購入という所有欲は、家計を圧迫する要因にもなるけど、必要な本をタイムリーに読もうと思えば仕方ないと、こちらは割り切り。本は、入れ替えが激しいから、1,2週間に一度、ざっと新刊本をチェックするという生活が続く。

映画と同じで、一度読んだ本を再び読もうと思わないから、自己所有がかなり非効率なことは自覚している。二度目の読書は、読み進めるごとに内容がフラッシュバックしてきて、ここで言いたいことはこういうことでしょと先が読めて、まともに読む気にならないから。

それでも、自分の生き方や価値観に刺激を与えてくれた本は、忘れた頃に、また読んで自分の考えをまとめておこうと思わせるから、自己所有の価値はここにあるなと思い込むところ。


さて、相変わらず前振りが長い。だらだらと書いたその理由は、そんな本をよく読んでるねという感想から、かつて影響を与えてくれた本を、もう一度読み直すのもおもしろいと、実家から本を持ち帰ったことを伝えるためだけだったりする。

ということで、持ち帰った本を紹介。
・「いつもいいことが起きる人の習慣」 …ポジティブ思考の本で、自分の価値観というか目指す生き方に近いから、基本に立ち戻るつもりで。
・「千円札は拾うな」 …3年半くらい前に日記で感想を書いた、おもしろい視点で、効率的な生き方を書いた本。
・「仮説思考」 …ボストンコンサルティング流の問題解決発想法の本で、自分の思考に近く参考になったと印象があったから。
・「リクルートのDNA」 …人材育成会社リクルートの理由を探ろうと買った本。
・「社長が贈り続けた社員への手紙」 …和民社長の渡邉美樹著。フードビジネスのサービスのあり方、社長のあり方が分かる。
・「横浜改革 中田市長100日の闘い」 …あっ、これ読んでなかった、とよくあるパターン。鮮度は低いが、重要性に変わりなし。
・「ベンツを買って丸ビルに行け」 …中小企業の社長さんと話す機会が多く、シンプルな会計学を手っ取り早く押さえておこうと。
・「空気と戦争」 …太平洋戦争が起きたのは、理論に基づく軍部の決断ではなく、その場の空気。変わらない日本人の本質を確認するのにいい本。


今回は、最後まで本の紹介尽くめ。既にこの日記で紹介している本も含めて。
仏現代思想家の内田樹は、その視点がおもしろいから、ぜひおすすめ。「日本辺境論」は、ここでも紹介した新作文庫本で、自分の思考と照らし合わせながら読み進めると、かなり楽しめると思う。そんな内田樹と養老猛司の対談本「逆立ち日本論」は、今後読もうと本棚に飾ってある一冊。

日本経済の打開策としてデフレの問題点を指摘した「デフレと円高の何が悪か」は、デフレ経済の現状を受け入れる日本に警鐘を鳴らし、デフレ脱却の必要性をあらためて認識した本。さわかみファンドを立ち上げた澤上篤人著「長期投資家がニヤリとする7つのメガトレンド」からは、今後のインフレを見据えた投資のあり方を。

でも、この二冊は、マクロ経済かつ内容の厚みも限定的だから、参考程度。本当に、これからの日本経済の道標を確認したいなら、俄然「デフレの正体(藻谷浩介)」がおすすめ。日本経済の現状を、マスコミ等が使わない経済指標から本質を分析。藻谷さんは、日本政策投資銀行の参事役で、地域経済に分析にかけては国内でも有数の方。ちなみに山口県出身で、20代前半で彼の講演を聞き、その視点に感心したという点を差し引いても、この本は読む価値があると断言。

日本経済縮小の原因が、中国等新興国の台頭が原因ではなく、地方と都市の格差等地域間格差は実はまぼろしだった等、数字ではなく空気で語られる経済情勢をデータ分析を通じて指摘し、これからの日本のあり方を説く。理解しながら読もうとするとなかなか前に進まないのが難点ながら、これは、今後の地域経済の方向性に影響を与える良書だとただいま読み進めているところ。

最後は、次に読む予定の本。「善人ほど悪い奴はいない」で、ニーチェの人間学をまとめたもの。ここでも、ニーチェを読むわけではなく、要約版を読むから、結局似たような本を何度も買うことになると思いつつ、とてもそんな時間と気力がないということで。

全体的に興味深いというより、ざっと中を読んだときに目に留まった部分があったから。「弱者とは、自分が弱いことを骨の髄まで自覚しているが、それに自責の念を覚えるのでもなく、むしろ自分が弱いことを全身で「正当化」する人のことである」と定義し、弱者=善人と括るところから始まるなかなか激しい内容ながら、現代日本の弱者過剰保護主義へのアンチテーゼとして、それはそれで興味深い理論でもある。

そんな中、強者とは外から叩かれる者との表現が、周りから批判されずに生きていこうとする自分への戒めに聞こえ、ちょっとこれからの生き方の参考になりそうだから、押さえておこうかなと手に取ったもの。哲学者なり、端的な表現は、自分の考えをまとめる上での参考にもなり、かいつまんで読んでみようかと思っているところで。


以上、本の紹介を終了。なんかまじめそうな本を読んでいるが、中心は、高杉良の経済小説等娯楽作品が多かったりするから、これまたよく本を読んでるなどと偉そうに言えない。本とは暇つぶしの道具である、が基本姿勢。楽しみながら知識の幅を広げられたら、これほど効率的なことはないと思うところで。

望ましいリーダーとは?

望ましいリーダーとは、いったいどういうタイプだろう。そんなことを考えるこの頃。

皆さん上司には厳しい評価を下す方が多く、これまでいくつかの職場を転々としたが、部下から上司への高い評価を聞いたことがない。うちの会社の特徴でもあるが、課長なり、そのポジションに付くには、それなりどころか、かなりの高い人事評価を受けて順当に出世してきた人と言える。

部下のポジションとしては高い評価を得ていた人が、なぜ、リーダーとなってその評価を受けられないのか。そもそも、自分がリーダーになったなら、どういう役割が求められるのか。そんな研究、かつ研究を活かして今後の自己修練に取り組みたい、といったわけで少々分析。

よく聞かれる厳しい評価は、「リーダーシップがない」というもの。残念ながら、50代過ぎで初めて管理職の課長となり、リーダーシップが求められるのだから、そこで高い能力を求めること自体が、酷な話。これは、人事管理上の課題で、コスト削減のため組織のフラット化ばかりに注力した結果でもある。40代前後で、係長なり、グループリーダーなりのポジションが必要と思うのは、そんな理由。

結果的に、優秀な人間は多いが、個人としての優秀さの域を出ない。結局、うちの会社は、優秀な個人の集合体で、むしろ課長に強い統率力が求められていないと見ることができる。

組織には、できる人間、できない人間、やる気のある人間、やる気のない人間と、様々なタイプがいることが、組織管理論の前提となるのだが、良くも悪くもふるいにかけ、必要な部署には、できる人間、やる気のある人間を集めているから、求められるのは、統率力ではなく、何か問題が起きたときに対処する調整力ということができる。

それでも、何か新しいものを始めるとき、一丸となって前に進むときには、個人の能力を突合せ、各々の限界を超える組織としての一体的な取り組みが求められる。そんな突破力がない、誰もそこに期待していないから、そんな力が求められる新しいことへのチャレンジをしようとしない、これが最大の弱みといえる。


個人的には、これまで、周りから散々悪口を言われる上司に対しても、そんなに低い評価を持ったことがない。人に多くを期待しないという大前提があることも大きいだろうが、上司に求めるものが、リーダーシップではなく、理解力・行動を支えるバックアップだからだろうと、解釈している。

上司にリーダーシップを求める人によく言うのだが、下手なリーダーシップは、自分の目指す仕事をする上での弊害でしかない。それよりも、自分の仕事への理解力の方がよほど大事。とっておきの作戦を練ったのに、前例がないだの、無用なことを確認しろだの、事細かに介入されてストップをかけられたなら、やる気もなにもあったものではない。

もちろん、会社の要求を的確に押さえた内容の、十分に納得してもらえる理論立てたプレゼンには努めるけど、よし分かった、それでやってみろという一言と、問題が起きたときの対応、社内の調整は任せろというバックアップがなければ、どんな努力も徒労に終わる。

結局、自分の求める理想の上司は、自由に仕事を任せてくれる人。期待以上の仕事はするし、結果も残すからと、自分へのプレッシャーも含めて、そんな信頼がほしい。もちろん、そんな自分の能力を活かしてくれるリーダーシップのある方と仕事ができたら、どんなにおもしろいことができるだろうとわくわくする気持ちはあるのだが。


それでも、相場が求めているのが、強力なリーダーシップだとするなら、自分がそのポジションに付いたとき、確実に力を発揮できそうにない。個人的には、緩やかに組織をまとめ、個々が自分の力をおもいっきり発揮できる、そんな環境を作れるリーダーを目指したいのだが、そんな人物は、きっとダメ上司の部類に入れられてしまうのだろう。

他人を批評する人には、もっと自分で頑張りなよと思ってしまうが、これもなんとなく蔓延し、今後浸透が見込まれる他己責任の風潮なのかなと思ったりも。


・・・
さて、最後に会社組織に関する一つの指針を、本から抜粋。共感するところもあったから、参考までに。2010年、働きがいのある会社第1位に選ばれたというワークスアプリケーションズの牧野氏が書いた「君の会社は五年後にあるか?」から。

該社は、大手企業向けのERPパッケージのソフトウェアを開発・販売するメーカー。一般的に優秀な人材ではなく、飛びぬけて優秀な人材だけを集め、彼らに働きやすい環境と適度なプレッシャーを与えることで、大きな成長を遂げたという。

ベンチャー企業ならではの組織・人事管理手法だけど、社員が働きがいを感じると評価された会社の、人の活用という意味では、どの企業にとっても参考になることだろう。書きすぎるわけにもいかないから、2つほどそんな方針を。


■ 五つの行動規範
「他責NG」 …あらゆる問題を、他者、環境、時間などの制約条件のせいにせず、自分の問題として捉え、問題解決する。
「なぜなぜ思考」 …「なぜそうするのか」「その目的は?」と繰り返し問い続け、表層的な原因分析を超えて、問題の本質を見出す。
「コンティンジェンシープラン」 …あらかじめシナリオを考え尽くし、あらゆる状況変化にも柔軟性をもって迅速に対応する。
「ブレークスルー」 …まず理想を描き、それを実現するべく「チャレンジ」「コミット」する。
「ヒューマンスキル」 …相手の立場を理解したコミュニケーションを実現する。

■ 失敗を許容する文化
・社員の評価は、仕事の成果ではなく、成果に至るまでのプロセスを重視する。プロセス主義の下では、「どれだけ頑張ったか」ではなく、「どれだけ考えたか」が評価される。つまり、いかに考えて、どう実行したかが重要視される。

人気投票の感想

お気に入りページ投票で、山口見所が23.5%と、意外に評価を得ていることに感心。

自然の景色や物語のある歴史を中心に据え、ガイドブックからは見えない、本物の魅力を引き出したいと意気込んで作ったのが山口見所で、新たな視点を提案するという意味でも、なかなかおもしろいページになっているのでは、と思うところ。

そんな山口見所も、ここ数年はすっかり更新を怠っているのが現状。それなり押さえたところもあるけど、結構労力を使う割りに、見てる方は、あまり興味がないだろうなと思っていたから。


旅行記を含めてそうだけど、文章にするからには嘘を書くわけにいかないと、いろいろ自分の知識の裏付けを取る作業が大変で、かつ流れのあるおもしろい内容にしようと思うと、進捗も思い通りにいかずといった具合。そんな苦労の割りに、一度読めば満足するものだろうから、コンテンツとしての魅力に欠けるというのが、個人的な評価。

だから、山口見所に人気があるんだと思うと嬉しく、一方、広島の魅力を伝えたいと少し前に作った広島見所の人気のなさが寂しく、大崎下島等安芸灘諸島巡りなどは、一向に制作意欲わいてこないという分かりやすい状況になっているわけである。


見所を含め旅行記は、その場に行ったつもりになって満足してもらうことが目的ではなく、ここでその魅力を知り、その場に行って体験したいと思ってもらうことを目指したもの。こんなに楽しかったという感想文を書くつもりは全くなく、こういう旅行の仕方もありますよという提案書。追体験ではなく、そこから、各々の興味のある内容を追加し、オリジナルの旅ができたなら、決してガイドブックからは生まれない、本当の魅力ある内容になるだろうと。

だから、特に海外ともなると、リポーター視点でプランを練るし、そんな気力で歩き回っていたりする。本当は、そんな旅行記を評価してもらえると嬉しかったりするが、この辺のミスマッチは予想通りの事実として受け止めることにして。

一回読めば満足と重々承知しているから、何回も読んでるよと感想を伝えられると、とっても嬉しいわけで。


最近、海外旅行へ行った方の話を聞いて、なんかうずうずと心の中の虫が動き始めているこの頃。海外はこれで打ち切り宣言をしたのが、二年前のアフリカ旅行。でも、やっぱり、あのちょっとした緊張感を持ちながら、すーっと心が研ぎ澄まされる感覚は、自分の精神レベルを一つも二つも上げてくれ、肉体・精神的な疲労の何倍もの充実感を味わいたく、ちょっとこの年末にでも、南の方へ下りてみようかなと本気で考え始めているところで。

この冬の候補になりそうなベトナム・カンボジア、そしていつかの南米を訪ねたなら、hiro本2冊目も視野に入ってくるかな。1冊目のような完全無料配布じゃ、とても出版許可がおりそうにないながら、津波並みのネタがないから、現実味は少々なかったりするけど。


達成感としては、旅行記は一区切り付いて作りがいがあるんだけど、そんな理由からも進展せず。うん、単なる岡山旅行記が進まない言い訳だったりするんだけど。
プロフィール

Author:hiro

カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。