COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「年金減額は憲法違反」とのニュースから

「年金減額は憲法違反」と、全国の年金受給者が提訴とのニュースを見ての感想

・・・・・
(ニュース概要)
・年金受給者が、国を相手に「年金支給を減らした決定を取り消せ」と求める訴訟を、東京地裁に起こした。
・年金減額が、「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する憲法25条などに違反していると主張。今後、全国45都道府県で順次訴訟を起こすという。
・年金減額の決定は、過去の物価下落時に「特例措置」として支給額を減らさなかったことから、その差額を3年間で2.5%、計画的に減額することにしたもの。

●年金制度は「不安だらけ」と原告たち
原告代理人の加藤健次弁護士は記者会見で、次のように訴えた。
「医療・介護制度の変化や、消費税増税などによって、高齢者の暮らしは厳しくなっています。そんな中、さらに年金支給額を引き下げて、最低限の文化的な生活が保障されていると言えるのでしょうか。これでは現役世代、若い世代からみても、老後の展望が持てません。社会保障制度全体をどうするのかを、この裁判を通じて議論していきたいと思っています」

原告団長で、全日本年金者組合・東京都本部執行委員長の金子民夫さん(77)のもとには「もう節約なんてギリギリだ。本当にもやしばかり食べなければいけないのでしょうか」「収入は年金だけだ、支出は増える一方だ。なぜ年金を下げる。年寄りは死ねというのか」といった声が届いているという。金子さんは「年金引き下げの流れにストップをかけたい」と強調していた。

ひとこと言いたいと会見に臨んだ原告の斎藤美恵子さん(68)は「年金生活者としては、物価が上がっちゃ困るんです。現役世代は良いかもしれないが、なんでも十把一絡げに制度を決める政府には怒りを感じます」「年金手取りは月額6万円ちょっと。幸いなことにお家賃を払わなくていい状況に住んでいますが、それでも6万は大変な額だと思います」と話していた。

原告代理人の黒岩哲彦弁護士は「憲法25条2項には、『国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない』と書いてあります。あいつぐ年金支給額の引き下げは、憲法に違反します。裁判では、このことを真っ正面から問うていきたい」と意気込みを語った。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00003176-bengocom-soci
・・・・・・・・

生活保護を含め、なんでも簡単に憲法違反を訴えることに違和感を覚えるのだけど、憲法25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という抽象的な文言を拡大解釈して権利のみ主張する前に、まずは具体的に記された憲法27条「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う」による、国民の3大義務である勤労の義務を果たすことから入るべきではないかと思う。

現役世代の若い人はいいけど、高齢者は年金だけでは生活できず、憲法に定める最低限度の生活を営めないという主張には、高齢者にも勤労の義務があるという前提が欠けている。現役時代の勤労の対価として、一定年齢以上には勤労の義務が免除されるという規定はなく、生活ができないのであれば働けばいいだけのこととなる。

年金制度は社会保障の仕組みに過ぎず、だから、年金制度が破綻し、これから現役世代が年金を受給できなくなっても即、憲法違反とはならない。だから、公的年金制度は、現役世代が受給者世代分を負担する賦課方式ではなく、現役世代が自ら積み立てた分を受け取る積立方式とすべきで、義務を果たさず、権利をかすめ取るフリーライダーを排除すべきと思うところでもある。

高齢者が働かないのは日本の文化ではなく、戦前・戦後は働くことが当然で、その昔豊かではない土地で、働けくことが生きることにつながっていた、姥捨て山という制度はその象徴でもある。

憲法25条は、国に対し、国民の勤労の権利を実現するための、雇用の場の確保という義務も課してもいる。だからこの問題で主張すべきは、高齢者には勤労の場が限られているから、定年制度を廃止し、さらには70歳以上でも勤労が可能な雇用の場を創出すべく政策誘導すべき。勤労条件も制度で保障し、その収入により、私たちは、最低限度の生活を営む権利を行使していきたいと。

将来人口の減少で、賦課方式が成り立たないことが明白な中、収入の多くの部分で負担のみを強いられる現役世代から見れば、こういう権利ばかりを主張する方々の自己中心的な発想と、それを煽る社会正義を標榜する弁護士という存在が、なんとも腹立たしく思えてくるもので。
スポンサーサイト

Naomile

30も後半に差し掛かると、いつのまにか職場には自分よりも若い人が増えてくる。

若手の兄貴分くらいの気持ちで、気さくに相談しやすい雰囲気を出し、仕事に厳しい人が多い職場の環境から、相対的な癒し系だと自称するも、先日の飲みではクールだ、武闘派だ、少なくとも癒し系では全くないと散々に突っ込まれ、雰囲気とは伝わらないものだと実感したりしている。

そこに自覚がないわけではなく、常に冷静、感情的にならないのはいつものことで、一方、勝負の時にはしっかりと組み立てた理論を基に、隙を作らず一気に攻め、さっさと片を付ける方法を取り、仕事ではなにかと勝負する機会が多いから仕方がない。


感情よりも、まずは頭で考えるものだから、目の前で起きることを客観的に見る、必ずどこかに冷めた部分を持っていて、そのため、本音をむき出しにしてぶつかったり、多くの人と一緒に感情を爆発させるというのは昔から得意ではない。

一方、そういう世界にあこがれているから、学生時代から、社会への葛藤、信頼できる仲間との衝突、成長していく姿を内面を掘り下げて描き、その仲間の一員として疑似体験ができる青春映画が大好きで、リアリティ・バイツ、スパニッシュ・アパートメント、トレインスポッティング、恋する惑星、ビバリーヒルズ高校・青春白書等々いろいろ見てきたところである。


最近は、すっかりテレビや映画を見る機会が減り、ネットニュースで見てタイトルだけを知っているというものがよくあるのだけど、先日、なんとなく見ていたユーチューブに「テラスハウス」が引っ掛かり、出演者が自分たちの内面を語る姿に、これは青春映画のジャンルだったんだなと初めて知る。

その中でも、弾き語りの姿には魅せられるものがあり、住岡梨奈さんの歌や楽器を演奏する人々の姿に、これは若手音楽家志望者の集まりかと思ったりもしながら。どう関連するかよく分からないけど、音楽のつながりでGoose houseの存在も知ることになり、音楽を楽しみ、音楽で生きていこうとする姿にパワーをもらう。
※リンクはユーチューブ


そして、CDを出しているようだから、久しぶりにレンタルでもしようかなと近所のTUTAYAに出かけたことが、10数年ぶりの再会のきっかけとなる。

グースハウスのCDが並ぶ、J-POPのコーナーで見つけたのは、視線が集まる中段のゴールデンゾーンに設けられた一押しの歌手を紹介するピックアップエリア、その一角を構成する「Naomile」の文字。ボードには歌手名・紹介文が書かれ、横に並ぶCDごとにPOPで歌の魅力がつづられる。
「声の色で歌を奏でる”ふんわり名人”、05年より「LOVERS POP」シリーズのヴォーカルを務め、ヴィレッジヴァンガードを中心にビッグセールスを記録、若者に絶大なる人気を誇る歌姫。09に1stアルバム「ラブレター」を発売」、そして「100万人に愛された歌姫Naomile(ナオミール)」と。

もしかしてと思いながら、100万枚セールスとはどうしても結びつかず、家に帰ってネットで調べることに。

以下、ウィキペディア抜粋
・2003年より東京都内ライブハウスなどでライブ活動を開始。様々なコンピレーションアルバムに参加
・2005年、第17回フジテレビヤングシナリオ大賞ドラマの主題歌を担当
・2005年よりヴィレッジヴァンガード発売のカヴァーアルバムのボーカル担当。4枚計100万枚セールス記録
・2009年、オリジナルファーストアルバム発売、収録曲がユーチューブ160万回超の再生を記録
・2012年、NHK Eテレ「おとなの基礎英語」のテーマ曲担当
・ささやく様な声、ウィスパーボイスが特徴。まるで話しかける様な、柔らかなボイスで女性を中心に幅広い年齢層を魅了

合わせて、オフィシャルサイトとブログを見て確信する。

Naomileは学生時代の友人で、活動初期の頃には上京のタイミングがあったこともありライブに遊びに行き、CDを購入していたりもする。あれから、十数年、今も歌手として活動し、地方の店にCDが並び、ポップで紹介されるまでになった活躍に、ただただ敬服。

人間、突然成功することなどありえず、成功者の裏には、必ず積み上げた努力がある。その時々の目の前の壁に全力でぶつかり、一つずつ乗り越えることで、気付かないうちに少しずつ成長し、ふとした時に後ろを振り返ると、自分が思った以上に高い所までのぼってきていて、その下にこれまでの経験が土台となり、今の自分を作り上げる広く、深い世界が広がっていることに気付く。

今の成功は、才能を過信せず、すぐに出ない結果に諦めず、継続して取り組んできた結果であり、それを乗り越えてきた姿が見えるから、嬉しくなる。そして、その本人は、それを成功だとも思わず、もしかしたら振り返ることもなく、自分の目標を目指して、今まさに頑張っていることだろう。


青春映画さながら、社会に出て十数年の時を経て、大きく羽ばたいた姿を、思わぬ偶然で知ることになり、夢を現実のものとし、その大きく成長した姿がなにより嬉しく、もらったパワーをまた応援という形で返していこうかなと思うところで。


150524_1646374.jpg

経営トップのあり方

・組織とは、つくづく上に立つ人間次第だと思う。

・労働時間の長さや給与の少なさなど労働環境が悪いのも、会社が利益を上げないのも、従業員が悪いのではなく、経営トップの資質・能力に問題があるというのが持論。

・経営資源を活かし、儲かるものや、儲ける仕組みを作るのが経営トップの役割にもかかわらず、この国では、イノベーションによる成長を追求せず、雇用の確保を大義名分に、競合ひしめき合う市場で、既存事業にすがりコスト面のみの優位性(技術革新による製品コスト引き下げではなく、長時間労働・サービス残業・給与引き下げによる労務コスト削減)を追求し、2年程度、手堅く数字を揃えることが評価につながる。

・その原因はと言えば、日本の経営トップの選考では、取締役会が機能せず、大株主・債権者である銀行を後ろ盾とする人材や、失敗なく管理部門をかけ上げる秀才型のサラリーマンが選ばれることにある。

・シャープが中国・新興スマホ会社の小米(シャオミ)からの受注獲得ニュースを喜々として発表する姿に、絶望感を覚える。最新技術の部品を徹底した低コストで仕入れ、最終製品を高品質・低価格で販売し、急成長を遂げた会社との取引に、どんな未来が見えるのか。大衆製品として認識された最新技術に価値はなくなり、ワンサイクルで技術は陳腐化し、巨大な研究開発費の回収もままらなず、いつの間にか部品サプライヤーになり下げる。

・目の前の売上、利益を追わずに、最新技術を活かし、金のなる木にまで育てる画を描ける創造性の高い人物が経営トップであったなら、再び現在のような苦境には陥らなかっただろう。

・「経営トップは育てるものではなく、その資質を備えた人物をあてるもの」と、日本のシステムの転換の時機を感じたりする。

・お客さんの声が届くとバイト経験者を社長に選ぶワタミや、家族や主婦の声を直接聞いたりと試行錯誤する日本マクドナルドのトップは、まさにその典型だろう。案の定ワタミのトップは低価格戦略に舞い戻り、マーケティングの罠にはまる、経営センスのなさを露呈した。

・ワタミが復活するなら、強みを徹底的に磨き上げるしかない。拡大期に顧客が支持した、セントラルキッチンではなく、店舗調理場での主婦等によるおいしい手作り料理を居酒屋価格で提供し、元気で一体感のあるハツラツとした店員が気持ちのいいサービスを提供する。利益率の低い店舗は撤退し、食材と人件費にコストをかけれる収益構造とする。看板の架け替えはせず、「和民」のブランドを磨き上げ、高収益の体制に転換するまで拡大戦略は抑制する。

・店舗数の減少で一時的に売上高は落ちても、店舗当たり利益率を上げることで、将来的な成長の可能性を示せば、株主はその挑戦を受け入れるだろう。

・左翼的な扇動で会社イメージが左右される時代ではあるけど、店舗を訪れる客は、人の評判ではなく、自らの体験で店を評価する。その熱量は再訪を促し、生の声として周囲へと発信されていく。安易なマーケティングや小手先の改善によるその場しのぎで誤魔化さない、筋肉質の闘える仕組み、体制こそが必要で、それを作り上げられるのは、トップにしかできないことである。

・マクドナルドの今の状況は、イメージ悪化が全てなのだろうから、仕組みを変えながらも、根本的なイメージを変えない限り、世間の評価は何も変わりそうにない。マクドナルドのイメージが変わり始めた時期は、アメリカ本社の支配力が高まった時期と重なると考える。メニュー表の撤廃や提供時間の短縮はコスト削減の、直営店舗の縮小が利益向上の手段であることを理解できれば、これらが原田前社長の経営者としての戦略ではなく、アメリカ本社の指示を達成するための戦術であったことは、容易に想像できる。

・ファーストフードが、安価で手軽な高カロリーの食事という枠を超え、日常の食事の一形態にまで進化し、根付いた日本では、アメリカ本社による、世界で共通する理論に基づく収益性の向上につながる手段が受け入れられなかっただけのことで、今のイメージ悪化は、日本人が求める方向とは違うところに進んだことにはっきりと気付いたことによる、拒絶反応が現れたものと捉えることができる。

・ここで必要なのは、今起きている事象への対応ではなく、誤った方向に歩き出したところまで引き返しての根本的な方向転換である。それを、アメリカ本社を背負う人間が気付けるはずもなく、例え気付いても対策を取れるはずがなく、そして、ここに至った原因と日本人が潜在的に感じている『象徴』であり、本場のマーケティングが通用しない特異な日本社会に向ける冷めた視線を覆い隠せないプライドの高い外国人トップの言葉が、日本人の心に響くわけもない。

・残念ながら、イメージ転換には、アメリカ本社のにおいを完全に消し去り、日本人トップによる、日本人の心に寄り添う、誠意ある対応(パフォーマンス)しかない。アメリカ本社が、日本を圧倒的なシェアと収益力で貢献する重要市場と捉えず、今後確実に縮小する、世界の一市場に過ぎないとして、全世界共通によるシステム効率化を優先するならば、日本の成熟したファーストフード市場では、世界的ハンバーガーチェーンの一つというポジションに、これから落ち着いていくことになるのだろう。

・経営トップにセンスを求めるなら、教育では育たず、ましてや社内トレーニングでは社長の金太郎飴しかできあがらないのだから、自分にはない能力を過剰に評価しがちな人間が、自分未満の同類を高く評価し、後継者に選ぶはずがない。

・だから、ソフトバンク・孫社長が、後継者発掘のグループ機関・ソフトバンクアカデミアではなく、外部人材を後継者指名したのは当然のことだろう。創業何年と社業の長さを目指すのではなく、グローバル競争で勝ち残るには、自分の分身ではなく、新たな血で会社に変革を起こす人物をトップに据える必要があるのだから。

・アベノミクスの始動により、経済の好循環が回りだし、市場が底上げされてくるに従い、企業の優劣がはっきりと現れはじめてきた。経営トップへの外部人材の登用など、高成長、高収益を追求する企業に、収益面での結果が付いてき、将来性にも市場から高い評価が与えられだした。危機に息を潜めることで評価を受けた従来型のトップに、市場はいつまで耐えることができるのだろう。

・投資とはリスク以上に、成長の源泉であるはず。財務指標のROA(総資産利益率)が注目されると、配当増加や自社株買いの株主還元で、リスクを取らず指標改善を目指す安易さ。自社の経営資源に、自分の経営センスに自信を持っているなら、余裕資金は、さらなる成長に向け、投資に回す。株主は、年2%の配当ではなく、10年で200%、300%と株価が上がることに期待しているのだから。

・日本企業の特殊事情から、企業の将来性は、現時点の財務諸表ではなく、経営者の資質で判断する比重が大きくなりつつある。日本電産の永守社長しかり、カルビーの松本CEOしかり、ユニクロの柳井社長しかり、さらなる成長が期待される企業は、規模の大小を問わず、経営トップのセンスが光る企業である。

・これから訪れる人口減少社会で、国力を維持し続けるには、新興国のような精神論の薄利多売ではなく、欧州のような高付加価値を指標に、精神的にも物質的にも豊かな社会を築く必要がある。そのためには、経済成長が軌道に乗り始め、余裕の出てくるこの時機を転換期と捉え、管理・コントロールする人間が評価されるのではなく、センスを持ち、変革にチャレンジする人間を評価、育てる社会の仕組みを、国家として作っていく必要があるだろう。

潮干狩り

あさりが獲れなくなったと聞いて久しいけど、防府市富海海水浴場の浜辺には親子連れや友人同士など、思った以上に多くの人たちが潮干狩りに訪れており、人気の高さに感心。

14~5年振りの潮干狩りながら、かつて駆使した3本爪の熊手を片手に、砂浜にあいた空気穴(吸水管)を頼りに掘り進める・・・も、結局収穫は小さなあさり1個のみと、ほとんど姿かたちを見ることなく。

手慣れた雰囲気の人たちは、シャベルを持参し、辺り一面を掘り返していたから、いないこともないのかなと思いつつ、どちらかというと、春から夏への移り変わりを実感するために、海に出かけるイベントとして楽しむものではと思ったところで。


siohit1.jpg siohit2.jpg

雑談

家造り記のブログを中心に更新していると、1ヶ月の更新期間を過ぎてスポンサー広告が表示されるから、思うままに雑談でも書いて、とりあえず更新する。


〇エネルギーミックス
・2030年度時点の電力需要をどのような電源構成でまかなうかを決める、エネルギーミックス。各業界・省庁・関係者の思惑が入り混じり、様々な意見が飛び交う。

・原子力発電技術の継承、発展を目指す者は、将来の原発新増設を見据えた、20%を超える原子力発電比率を目指し、温室効果ガスの排出量削減を目指す環境重視派は30%近い再生可能エネルギーの比率を求め、原子力発電所反対派は環境問題を都合よく利用し、ベース電源のあり方に踏み込んだ論陣を張る。

煽り煽られた世論を抑止できずに戦争に突入し(非国民と戦争反対者を吊し上げ、一丸となって戦争突入を支持したはずの一般国民は、戦後は為政の犠牲者として立ち振る舞い、根本的な国民性の問題に踏み込まない。アメリカ傘下であり続ける旧敵国の日本が、戦後のアメリカ思想教育の成果ではなく、大殺戮の戦国時代の後、絶対君主の存在一つで300年の平和な江戸時代を送る、日本人の性質から来ていることに目を向けないから、アメリカは成功体験と誤解し、中東政策で同じ失敗を繰り返す。つまりは、日本人の本質は平和主義ではなく、再び戦争を起こす恐怖心を持つ中国、韓国の反応は決して過剰なものではないのだが、外交戦略として戦術的に利用するこずるい中国と違い、大統領から感情論の極致に立つ韓国には手の打ち用がなく、信頼されない隣人と仲良くするはずがないことさえ理解できないのだから、相手をすることはないとなるのは致し方ない。つまりは、先の大戦を反省し、再び戦争を起こさないと常に国民に言い聞かせることはなによりも大事である)、昨日まで食べていたアメリカ産牛肉を突然毒のように扱い輸入を止め(日本が求める安全性はアメリカに科学的根拠がないと相手にされないまま、国民感情が落ち着いたところで輸入再開)、1000年に一度の大津波を恐れて50年程度しかもたない高さ15mの堤防を海外沿い一体に築こうとし(そろそろ限られた国富、自分たちの税金を一時の感情をまぎらわす、政治家の人気取り、被害者の言う権利にすり替えるのは止めさせなければ。50年後の老朽化対策、機能しないコンクリート廃棄物が海岸沿いに並ぶ姿、そこでも続・復興資金の名目で所得税をとられ二重壁でも造るのか。本当に、神戸は自らよく耐え、頑張ったんだなと感心する)、40年以上稼働していた原子力発電所を全てが明日にでも爆発するかのように国内すべてで稼働を停止し(火力発電代替稼働のため、化石燃料輸入コストとして流出した年間10兆円近い国富、エネルギーコストは本当に必要なものだったのか。判断に誤りはなかったのか。生活を切り詰め、不確かな安全を手に入れることが本当に求めていたことなのか)と、科学的根拠ではなく、感情論に流されものごとを決め、人・もの・金と国家の資産を削り続けてきた、この国の歴史。賛否両者が、その国民性を利用し、自身の主張を通すために国民を煽り、無駄な負担・税金が投入されることに憤りを覚える。
※余談が長すぎたため本文を青字とする

・どこからも指摘が出ないことに、何か大きな力を感じないこともないのが、再生可能エネルギーの比率を上げることは、電気代が上乗せされ、国民負担が増えすぎるから一定割合に抑えるべきという論調。

・実質的にも、国民を納得させるという間接的にも、最も強い圧力である外圧、世界的な環境対策要求が温室効果ガスの削減。これを実現するためには、再生可能エネルギーか原子力発電の比率上昇が必要で、原子力発電の継承・発展派の拠り所でもある。再生可能エネルギー比率の上昇を許せば、必然的に原子力発電の必要性が薄まるから、再生可能エネルギーに国民負担の増加という最も効果的なアレルゲンを投入してくる。

・最新技術の結晶である原子力発電に対する現在の日本の高い技術力、グローバル競争で勝ち続けるために必要な新増設による技術の継承・発展、非資源国の日本に課せられた将来にわたるエネルギー確保問題と、原子力発電が一過性の感情論で失うべきものではない、国家の戦略的技術であることには賛同するが、そこに、新たな可能性を秘める再生可能エネルギーを犠牲にすることは、将来的な日本の発展の可能性を摘み、また原子力発電の必要性の本質的な理解も得られない、誤った戦術だと指摘する。

・国是であるエネルギー確保問題や環境問題の解決、世界的な新たなマーケット開拓、世界トップに突き抜ける技術革新をもたらす可能性があるのが、これまでの技術的蓄積がある再生可能エネルギー発電。技術革新に最も効果的なバブルを起こすには、国策により資金を投入すること。その手法は、抑止策でもある電力需要者への賦課金制度ではなく、電力会社が低コストを主張する原子力発電稼働実績に応じた、一定割合の発電者への賦課金制度である。

・原子力発電所の稼働を認める代わりに、そこで得られる利益の一定割合は、再生可能エネルギー発電コストの低減に回す。再生可能エネルギー買取制度に対する電力需要者負担をなくし、余剰金は研究・開発部門への投資補助に回したり、発電機器に対する購入補助とし、さらなる発電効率の上昇、技術革新を誘導する仕組みを作る。

・法とは状況に応じて改正するものであり、法に縛られ、運用や解釈の対応で制度が機能しないことは、立法府である国会・政治家の怠慢である。

・原子力発電推進派も、過渡期である現状を乗り切り、将来に種をまく手段として、堂々と必要性の論戦を張ればいい。声の大きい感情論による反対ばかり主張する人たちの顔色ばかりを見ているのでは、先人が積み上げ、今を真面目に働く人達が底上げをする限られた資産が削られるばかりで将来には何も残らず、子供たちの未来に、平和と豊かな生活を与えてあげることはできないのだから。
プロフィール

Author:hiro

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。