COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4カ月相場の総括

今年の1月のこと、6年振りに一年間の投資方針を示そうと記事を書いていたのだけど、年明けからあまりに乱高下する相場に自信をなくし、お蔵入りさせたところ。とりあえず、その方針をもとに、昨年末から中小型株を中心とした運用を一旦整理したものだから、振り返る。

投資とは自己満足で、結果がすべての一つの遊び。とはいえ、投資の過程は資産の増減に直結するから、社会や企業の動きを掘り下げて見、できるだけ多くのアンテナを張り、様々な事象を一つに結び付けて考えるようになる、良くも悪くも変わらない日常に刺激を与えてくれるという、大きな効能もある。

資産が増えればめっけもので、売らなければ損失が確定しないのだから、マイナスが嫌ならば持ち続ければいい。市場とは、所詮は人間が作ったもので、強気と弱気を繰り返す心の動きが、そのまま数値に現れる。大きなうねりを繰り返すその流れの中で、いつか買値を超える売り時が現れることは、10年を超えて投資を続けていると見えてくる。

情報が限られる個人は、いつ大きく値を上げるか分からないのだから、将来性を見込んだ銘柄を、中長期で持ち続ける。一時の損失、資産の目減りは気にしない。市場全体が押し下げられときには、株価自体を見もしない。投資歴10年超、新興国バブルやサブプライムローン・リーマンショック、円高6重苦、アベノミクスと翻弄されながら行きついた投資法は、そんなところ。

日経平均1万円前後の市場低迷期には、実入りを重視した高配当銘柄(トヨタ、東レ、三井物産、エーザイ等)で固めた時期もあったけど、成長力に自信のある企業は、配当ではなく、次の投資に回すものだから、最近はあまり気にしない。はやりの株主優待には全く興味がない。たかだか2~3千円の優待で、資産自体が数十万円と減ったのではたまらない。優待銘柄は、将来の成長性の低い企業が、安定株主確保策として実施している面があるから、そういう企業に興味がないところもあるのだけど。



【投資スタンス】
基本的に短期売買はせず、中・長期投資のスタンスだから、チャートの分析などはほぼせず、年間売買回数は数回程度。一度買えば、よほどのことがない限り、あまり売ることがない。投資先は、将来の市場拡大や社会の仕組みを変え得る新たなシステムを開発するなど、将来に大きな成長が見込める企業。こういう企業は、いかに早く将来性に気付けるかが勝負だから、多方面(主に雑誌)から情報収集を行いつつ、想像をふくらませていく。

株で勝つには法則があるようで、指標を分析の上、10%で利益確定、5%で損切りなどのルールを決め、着実に収益を積み上げることが重要らしいけど、悩んだ末、もっと大きな夢を描いて購入を決断するものだから、ルールを決めて運用することはほぼない。

結果、ブームに乗せられ高値づかみし、数年と持ち続けることになる塩漬け銘柄が出てくる一方、3~4年で2、3倍を超える大化け銘柄も手放さずに持ち続けることができるという点も。

確実な収益確保には、ルールどおり運用し、少額の利益を積み上げる方法が勝るとは思うけど、やはり、どうせなら楽しみながら投資をしたい。チャート分析やかける時間、情報でプロには勝てないから、将来性を期待する銘柄を、短期収益や時間を気にせず持ち続けるという個人の強みで、勝負をしようと。

(補足)
・中長期投資先を選ぶ際は、企業HPから決算資料を閲覧、財務分析や四季報の収益予測など、企業分析はしっかりと。
・重きを置かないのはチャート分析で、ゴールデンクロスやダブルボトム等々、短期的な株価の動きに過ぎないものは、入手することを優先し、あまり気にしない。安値で拾おうとしたり、購入後からプラスを維持して安心感を得たいと、慎重になりすぎてタイミングを逃し、手の届かない株価になるとはよくあることだから。



【投資方針】
さて、スタンスを説明したところで、年初にしたためた今年の投資方針を一部披露。

◇目標
・5年後、2020年末を見据えて、目標資産の達成を目指す投資をする

◇投資方針
・2~3年後に3~4倍になる銘柄を仕込む。10のうち3銘柄を当てる(7の小さな負けはよし)
・大きく負けない対策(市場の影響を受けない大幅下落は損切り、マイナス10%のルール化)
・中長期持ち続けられる忍耐力、自信、確信
・トレンドは追わない、社会に必要となる仕組み。トレンドで買ったものは、トレンドで売る、持ち続けない

◇格言
・急落時に備え、全額を投資に回さず、底値で買うチャンスを常に伺う
・想定外に上昇ペースが速く、目標利益が出た場合は、利益確定を考える
・利食い千人力、頭と尻尾はくれてやれ。欲張らないことこそ、投資では重要
・保有株は放置せず、業績の成長度と割安度の両面から、確実に利益を重ねる
・今注目のテーマをチェック。資産の一部にテーマ株を組入れ。資産全体を底上げ


守れないから、常に意識をするために方針を決めるのであって、今年もそのとおり運用できているわけではない。

ただ、ここ最近思うのは、株式投資は心理戦であり、株価は、短期的には企業収益に連動しない。割安株を持ち続けることが中長期投資の王道なのだけど、成長率が低く、変化の速い日本では、今年の利益が、長期安定的に続く可能性が低い。それならば、市場拡大で、短・中期的に大きな利益を確保できる企業を探す方が、リスクが小さいとの結論に至る。

一般人の情報収集には、日経新聞や株雑誌があるけど、基本的に新聞記事等の情報は古く、その事実だけで動いたのでは手遅れ。使い方としては、企業情報を知る貴重な情報源として、そこから想像を膨らませ、その企業の可能性を見出していくというものになるだろう。

月刊株雑誌の情報は事実の後追いでしかないから注意が必要で、これで高値掴みして、何度高い授業料を払わされたことか。ただこれも、経験を重ねると、その傾向が見え始めるから、情報の使い方も上手になる。この辺は、経験と勘に頼るところが大きく、言葉では説明できないのだけど。



【4カ月相場の総括】
昨年末から、新興市場にシフトし、幅広く成長力の高い銘柄を抑える。東証一部上場銘柄で構成する日経平均株価が、世界市場や金融政策で乱高下する中、新興市場はいたって堅調。1月中旬から2月中旬にかけての下落を何とか耐え忍ぶと、3月以降、大きな伸びを享受することに。

成長企業に投資し、じっくりと育つのを待ち、大きくなったところで果実を回収するという中長期の投資スタンスは、成長力の弱い日本企業にはあまり向かない投資法だとここ10年実感しているのだけど、この4カ月はその手法が当たったところを見ると、逆に、たぶん多くの人は利益が出ていないのだろう。

今回、4カ月相場としてまとめたのは、ゴールデンウィーク前に一旦整理したことから。サブプライムローンが表面化し始めた2007年、2月の世界同時株安から雰囲気が変わり、ゴールデンウィークを境に潮目の変化が明らかに、8月の1次安倍政権の参院選敗北以降、長期の株価低迷に陥ったあの経験から、この時期は、どうしても慎重になってしまうところで。


(この期間の主な投資銘柄)
4667アイサンテクノロジー:自動運転。測量ソフト開発主力。三次元計測システムで実証実験を実施。ZMP上場までは、自動運転のメイン銘柄と注視。1月の下落時にしっかり拾って貢献。
3762テクマトリックス:情報インフラ、アプリ開発。マイナンバー関連のセキュリティ製品に強み。情報化に必須のセキュリティ銘柄は、まだまだ伸びると期待。
4820EMシステムズ:調剤薬局向けシステム開発。かかりつけ薬局普及など、薬局のシステム化は今後本格化するから、期待大。
3660アイスタイル:化粧品口コミサイト「@コスメ」を運営。業績急拡大。円高に左右されない、成長力の高い国内小売業は魅力が高い。
2379ディップ:ネット特化の求人情報。バイトルドットコムなど。若者減少、バイト人材不足が、この会社の成長に直結。
2685アダストリア:カジュアル衣料。グローバルワークなどのブランドをイオン等に出店。ユニクロが低迷する中、成長を続ける。
3769GMOペイメントゲートウェイ:ファインテック。電子決済トップ企業。まだまだ電子決済の普及は拡大するだろう。
3875メディシノバ:医薬品ベンチャー。新薬開発が多く、長期的視点で持ち続けたい。
4293セプテーニホールディングス:ネット広告代理店。SNS向け広告が急拡大し、成長余地大。
4594グリーンペプタイド:バイオベンチャー。第4のがん治療法として注目の「がん免疫治療薬」を開発。バイオ銘柄は、短期ブームを見極めながら、高騰前に仕込んでおきたい。
3914ジグソー:人工知能、自動運転、IOT。上場時の巻き込み事故(同時期上場のグノシーの株価操作疑惑)による株価低迷期に仕込み、大きく貢献。加熱は売りだが、超加熱は買いという格言を胸に刻みつつ。


(良くも悪くも持ち続けている銘柄)
6301コマツ:建機。8年選手で、資源・新興国ブームや中国経済低迷を一緒に乗り越えてきた仲間。配当の良さと、長期保有の優待で毎年ミニ建機をくれるから売り難い。
3064モノタロー:工場・工事用間接資材のネット通販。2年選手で、まだまだ成長余地が大きいから、長期保有の方針。
3187サンワカンパニー:建築資材・設備のネット通販。2年選手で、第二のモノタローと期待するも、低迷。効率ではなく、企業囲い込みの優先の建築業界にはなじまないのかと思いつつ、保留。
2489アドウェイズ:ネットのアフィリエイト広告首位。LINE関連として期待を集めながら、一向にLINEが上場しないおかげで、長期低迷。そろそろ見切りをつけたい。
2461ファンコミュニケーションズ:ネットのアフィリエイト広告首位級。アドと同様、スマホブームに乗せられた感があり、長期低迷。ただ、この手のブームは繰り返されるから、持ち続けていれば何とかなると楽観的なところもある。
6594日本電産:電子部品、精密小型モーター。守永社長の成長・拡大路線に全幅の信頼。NISA銘柄として、長期保有の方針。


(今後加えたい銘柄)
4528小野薬品工業:がん免疫新薬「オプジーボ」の用途が広がるのはこれから。医療費高騰の社会的問題化で一時的なリスクはあっても、領域拡大や世界市場を見据えたその先の成長性はさらに大きいと期待。
スポンサーサイト

2つの閉店

お気に入りの店がなくなることの衝撃は計り知れない。

まず、防府駅うどんの閉店。

思えば、小学校5年生当時、徳山への塾通いと一人電車で通った帰りの楽しみが、節約した交通費+αで食べる、280円の天ぷらうどんだった。スーツを着たおじさんたちに両脇を挟まれ、カウンターで食べる立ち食いうどん。ときにサービスで、生卵や稲荷ずしを付けてもらう暖かな雰囲気。あの独特のスープの味わいと、天ぷらのおいしさは、大人になっても印象が変わることなく、お気に入りの一品だった。

つい先日、久しぶりにと駅うどんを食べに防府駅に寄り、いつものお店で注文したら、出てきたのは透明度の高いスープと、厚みのある天ぷら。一口食べて、これは小郡駅の駅うどんじゃないかと当惑する。

思わず、店のおばさんに、店の経営が変わりました?、ここは小郡駅うどんと関係がありますか?、と質問。

そして、予想通りの答え。昨年、これまでの駅うどんが店を閉め、新たな小郡駅うどんのグループが経営を始めたと。

防府駅が2階建てへと建て替えられた際、防府駅うどんが新たな店舗で営業を続ける聞いた時のあの喜び。姿かたちが変わっても、未だ心にあるかつての防府駅の雰囲気が、駅うどんの終わりとともに、静かに消えていく。

雪の降る寒さの中、湯気がたつうどんの汁を飲み干し、おばちゃんたちにかわいがられながら、心も体もあたたまる。親には内緒の、このうどんを食べたい一心で、お金をやりくりしていた、10歳前後のあの瞬間。

自分の中の防府駅の終焉。一つの区切りを、ただただ悲しむ。



・・・・・・・・・・・・・・・
そしてもう一つ。

防府の末田・堀越壺まつり。

この週末、66回をもって最終回を迎える。理由は、実行委員会の高齢化等々とあるのだけど、これは防府市にやる気がないだけで、これまでの人気、集客力を考えれば、もう少しまじめにテコ入れすればいいのにと残念がる。

何のために、地域起こし協力隊を隣町の富海に入れ、藍染めなんぞの活動をさせているのか。壺まつり拡大版として、地域の文化・芸術まで幅を広げ、地域起こし協力隊を主体に、地域が潤う仕組み、地元に開催メリットが大きいイベントにすれば、66回も続いたイベントがつぶれることはなかっただろう。

と、それは不満であって、衝撃を受けたのは、末田焼の中の唯一とも言えるお気に入りだった真山窯が、焼きものづくりをやめたという事実。

いつもの店舗には、末田焼の歴史を紹介する映像が流され、作品の販売は一つとしてない。防府指定有形民俗文化財に指定されている、店舗隣の登窯で火おこし作業が行われていたから、そこで話を聞いてみると、そこには真山窯の窯元が。なにやら、もう年だからと引退された様子。

防府市の文化財として、登窯で蛸壷(末田焼のルーツ)製造を紹介する場所になっているようだけど、やはり文化の価値は、形を残すことではなくて、新しい文化を創造していくこと。形を残すと決めた時点で、その文化の成長は止まり、ただ過去の遺物の継承でしかなくなる。

素朴な味わいの、やさしい雰囲気(かつ手ごろな値段)の焼き物で、我が家もコーヒーカップのセット等々、壺まつりのたびにお気に入りのものを購入していたもの。前回、傘立てを購入し損ね、今回あらためて検討しようと思っていた矢先に・・・

壺まつり自体は、堀越焼・末田焼の作品が限られ、県内の光市や萩市、さらには県外の焼き物がほとんどを占める、趣旨がよく分からないまつりだったから、その終わりを受け入れるとしても、お気に入りの窯元がなくなったことはあまりにも残念で。

280424tubo1.jpg   280424tubo2.jpg
左:真山窯の登窯。発祥でもある蛸壷を、焚木を投入して焼き上げている様子。煙突からは黒煙が立ち上がる。
右:線路を渡った海側には、数少ない窯元、堀越窯が。この窯の作品も雰囲気はいいけど、値段もまた良い。焼き物には、日常的に使える手頃さを大事にしているこの頃。



280424tubo3.jpg
いつものお気に入りの景色。踏切から富海方面へ、まっすぐ続く線路と、その先に広がる海の景色。左側にたつ幟が、壺まつりの会場。

近況と居酒屋と鹿児島と

3月半ばから、計6回の歓送迎会を含む飲み会に参加、3月後半は仕事の引継ぎに追われ、この4月からは新しい部署に異動して、勉強尽くしの一週間を過ごす。

3年ぶりに異動した部署は、これまで経験したことない分野で、まさに一からの知識の積み上げ。同じグループには、他に異動者がいない状況だから、まずは同じ知識レベルまで追いつかなければと、プレッシャーも大きく。

そんな状況に加え、業務量自体の多さにも定評がある部署で、評判どおりにこの土日も出勤していたりするから、これからの生活はなかなか大変なことになりそうな予感が。

思えば、昨年末の異動ヒアリングの際に、3年目を迎える今の仕事はほぼマスターし、そろそろ飽きたので新しい分野の仕事がしたいと言ったことが、この状況を招いていたりしているのだけど。


さて、そんな多忙な日々を過ごしたここ数週間でも、楽しんだこともいろいろと。

飲み会では、幹事の特権で新たな店を2つ開拓。山口市湯田温泉駅前の焼き鳥屋「串蔵」は有名どころだけど、お店利用は今回が初めて。飲み会の後、防府駅まで電車で帰る際には、電車待ちの間にお店に立ち寄り、持ち帰り2千円分などとお土産を頼んだりしていたのだけど、今回コースで利用してみると、これまで食べたことのなかった、ボリュームのあるつくねや、柔らかな砂肝と、一つ一つの串のおいしさにあらためて気づかされる。個室はないけど、座敷には20名程度が座れ、カウンターを除き、ほぼ貸し切り状態で利用できたことも良かった点。コースは、飲み放題付きで、4320円(税込)。カウンターでしっぽり飲むのもおすすめだけど、隣が気にならないがやがやした環境だから、グループでの利用にもお勧めしたいところ。

2件目は、同じく湯田温泉の居酒屋「あか瀬」。個室はなく、座敷に4つのテーブル席と、カウンターからなり、今回は8人利用ながら、貸切状態で利用。料理は評判通りのおいしさで、刺身や小鉢等々、ひとつひとつの料理の質が高い。居酒屋というより、小料理屋に近く、酔いはほどほどに抑え、料理をしっかりと楽しまないともったいない。その分、ボリュームは限られるから、いつもの居酒屋気分でこの店を選択したりすると、メンバー次第で不満が上がる可能性があることも、頭に入れておいた方がいいだろう。お店の雰囲気自体は、仲間との会話に盛り上がれる、まさに居酒屋。料理も一緒に楽しめる人を誘って、ゆっくりとした時間を過ごしたいところ。

最後は、3月中旬に行った、鹿児島出張の話でも。
ここ数年は、東京、広島以外に行くことはほとんどなかったのだけど、機会を得て鹿児島に行くことに。新山口駅からは、九州新幹線「さくら」に乗り、乗り換えなしで所要2時間という近さ。せっかく鹿児島に行くのだからと、昼は鹿児島中央駅近くの「黒かつ亭」で、トンカツを食す。11時30分頃にお店に到着したにもかかわらず、すでに行列ができ、結局食事を開始したのは1時間後。まさに時間と闘いながらの食事タイムで、それでも、諦めずに待ち続けてよかったと心底思う、おいしいトンカツをいただく。ソースも2種類あるのだけど、塩で食べるトンカツは、まさに黒豚の野性味あふれる味わいがダイレクトに伝わり、扱う豚の質の高さをしっかりと感じられる。ランチは、値段も千円程度と、チェーン店のトンカツ定食よりも安いのではといった程度。店内に入ってみると、半分以上が空席という状況に、そもそもオペレーションに問題があるのではと思えてならないけど、行列に並んででも食べる価値があるお店と、おすすめしておきたい。

夜には、やはり黒豚しゃぶしゃぶ発祥の店にと、天文館商店街を抜けたところにある「あぢもり」に。一人でも大丈夫ですとか尋ねたところ、快く案内。3階の座敷部屋には、先客の女性が一人で食事をされており、有名店だけあり、対応が行き届いているものだと感心する。前回、鹿児島旅行利用時は、別の店で黒豚しゃぶしゃぶを食べたため、あぢもりでは、ランチにトンカツを食べたもの。ようやく念願のしゃぶしゃぶで、仲居さんの指示に従い、まずはバラ肉を、しっかり味のついたスープにくぐらせていただく。脂の多いバラ肉は、スープの味だけでいただくというもので、この口の中に広がる豚の旨みとおいしいスープとの絡みに、まさに言葉にできないほどの強い印象を残す。その後に食べるロース肉は、溶いた生卵を付けて、すき焼き風に食べるのだけど、味のついたスープが、しっかりと豚や野菜を引き立て、あっという間に口の中へ。黒豚の追加を最後まで悩みながらも、一人では食べきれないかもと、そのまま締めのうどんを食べて、店を後にする。人気店だけあり、予約なし、一人利用は厳しいかと思っていたけど、思い切って行ってよかった。維新コース(特選黒豚しゃぶ肉、野菜、小鉢、うどん、デザート)で、4,320円(税込、サービス料別)。家族で行くには、少々値段が気になるけど、一人利用なら許容範囲。まずは、この店を抑えた上で、いろいろな店の黒豚しゃぶしゃぶを食べてみてはと思うところ。

最後に、天文館商店街の中にある「むじゃき」で、白熊・かき氷のミニサイズを食す。ここも、前回鹿児島旅行で、店の前まで来ながら、お腹がいっぱいで立ち寄らなかったところ。結局振り返ってみると、今回は、前回旅行での食のリベンジという面が色濃い。とまれ、めったに行くことがない鹿児島で、存分に名物を味わえたことで十分すぎるほど満足。この日の仕事に向け、残業を続けてきた甲斐があったと、一応仕事のことにも触れつつ、鹿児島報告記を締めることに。


今回紹介のお店は、機会があれば他と同様、写真付きで、お店の詳細情報も含めてあらためて掲載したいところ。なかなかそんな状況になりそうもないけど、またホームページの方ででもご覧いただけたら。
プロフィール

Author:hiro

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。