COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライマックスシリーズに思うプロ野球のあり方

往年の広島カープファンとして、クライマックスシリーズ(セリーグ)の地上波、BS放送がないと知り、プロ野球文化の衰退を情けなさとともに実感する。

数年前に、視聴率が取れないからと日本テレビが地上波の野球中継をやめたことは、プロ野球を国民の娯楽とすることをやめたことであり、将来的なプロ野球ファンの創出を諦めたことでもある。

往年のファンはBSやスポーツニュースで野球を追いかけるだろうが、野球そのものに触れないまま成長する世代が、今後は大半を占めることに、どこまで危機意識を抱いているのか疑問に思う。

クライマックスシリーズとは、リーグ戦の集大成であり、その数試合でさえ、一般家庭で視聴可能な地上波、BSで放送されないことは、日本野球機構自体に大きな認識の欠落があることを示す。視聴率が取れないから、放送局の判断で放送しないのは仕方がないのではなく、日本野球機構のプライド、存在意義にかけて、どのような営業をかけてでも、クライマックスシリーズを放送させなければいけなかった。シーズンの集大成であるこのシリーズに、放送する価値がないと世間に示すことは、半年にわたる143試合の価値を否定することにつながる。これまでの143試合に価値を付け、プロ野球の存在意義を示すためにも、放送局の都合にかまわず、地上波・BSでの放送を実現すべきだった。

テレビ局にとっても有力なコンテンツとして、二人三脚でプロ野球文化を作り上げ、いまでも野球選手の番組出演やスポーツニュースへの貢献を踏まえると、相応の協力を求めるべきだろう。


ちなみに、日本シリーズのあり方については、個人的には、ペナントレースと日本シリーズははっきりと区別し、別の大会として位置づけ、それぞれで優勝を評価すればいいという考え。ペナントレースと別物なら、ペナントレース優勝者同士が日本シリーズを戦うのが理想という発想もなくなる。クライマックスシリーズの勝者が戦う時点で、日本一の称号はそぐわないのだから、Jリーグでいうカップ戦ぐらいに位置づけるのでちょうどいい。

贔屓のチームが、1位チームとしてクライマックスで戦うのを見ながら、これはとても公平な制度ではないと疑問ばかりを感じる。まさに、ペナント1位チームを勝たせるための戦い。1勝のハンディはもとより、全てホームゲームで戦える上、ファーストステージを戦うチームは、セカンドステージの初戦でエースを投入できず、圧倒的な不利な状況で戦わざるを得ない環境となっている。

そこまでしてペナント1位チームを日本シリーズに出させたいなら、クライマックスシリーズなどしなければいいし、やるからには、各チームが公平な条件のもと、戦略や戦術を尽くして戦える環境を用意すべき。真剣勝負だからこそ、応援に緊張感も生まれるし、おもしろみもある。

となればやはり、ペナントの延長ではなく、完全に切り離したカップ戦として、ホーム&アウェイで8チームがトーナメントを戦い、優勝を目指すのが理想といえる。その視点に立てば、Jリーグの天皇杯のように、プロ野球チームに限定せず、大学野球や社会人野球の優勝チームも加え、各リーグ4位チームと戦えば、新鮮さも、おもしろさも、ドラフトの楽しみも増してくるだろう。

自民党総裁の任期も延長されるように、時代の変化に対応できない組織は、衰退するだけ。プロアマ規定などという過去の遺物にとらわれていては、ますます存在価値をなくすことになるだろう。とはいえ、公平さを醸し出しているドラフトさえ、公然と認められる裏金や1位選手の囲い込みが存在する、世間の常識から外れた自称・勝負の世界だけに、多くを期待しても無駄なのだろうけど。


(参考)
クライマックスシリーズを閲覧可能なネットサイト。スポーツはテレビで見る時代ではなくなったようで
野球直播園地
スポンサーサイト

トップに必須「学びの素早さ」

組織のトップに立ったなら、どのような経営をし、どのようなリーダーシップで組織を導くかと、シミュレーションするのを楽しんでいたりするのだけど、経験に満ちた専門家の言葉は、そこに具体性をもたらしてくれるから、たまに出会う心に引っかかる言葉を貴重な助言として大切にしていたりする。

久しぶりにおもしろいなと思った視点が、不確実な時代だからこそ、今のトップに求められる「学びの素早さ」という能力。組織の安定のため、「学びの深さ重視」の人が多数派であるべきだけど、トップには、変化に対応できる「学びの素早さ」に秀でた人がふさわしく、そのもの差しで幹部候補を選抜することも重要と説く。

編集員の、経営者の質が企業の運命を分ける時代だからこそ、従来の日本の経営者育成プロセスを見直し、好奇心旺盛で変化への対応力にたけたリーダーを育てる必要があるという論調に賛同する。

言うなれば、学びの深さタイプではないから、学びの素早さで勝負していきたいなと思ったもので。


・・・・・・・・・・・
日経新聞10月10日(月)
米コン・フェリー CEO ゲーリー・バーニソン

現代の経営者に求められる資質は何か。決断力やビジネスへの洞察力が必要なのは昔から変わらないが、高速で変化する今の時代には「ラーニング・アジリティー(学びの素早さ)」と呼ぶべき資質の重要性が高まっている。

「学びの素早さ」とは、好奇心の旺盛さと言い換えてもいい。例えばここに挙げる二者択一で自分はどちらのタイプか考えてほしい。

仕事において「よく知っていることをさらに深めていくのが好き」か「なじみのないことについて理解するのが好き」か。自分が充実していると感じるのは「自分の専門性を活用できる複雑な問題に取り組むとき」か「解決方法の検討もつかないような未知の問題に取り組むとき」か。仕事のスタイルとして、あなたは「効率よく仕事を進める明確さを尊ぶ」か「模索する機会を与えてくれる曖昧さを好む」のか。

これらの質問でいずれも後ろの選択肢を選んだ人は、「学びの素早さに」秀でた人であり、前者を選んだ人は「深さ重視」派で、素早さに欠けると言える。

むろん組織には両方のタイプの人材が必要だ。自分の専門をコツコツと掘り下げて、一つの道を究める人がいないと、企業は成り立たない。リーダーの全員が素早さ重視の組織は安定性を欠き、混乱が生じるだろう。人数的には「深さ重視」の人が多数派であるべきだ。

だが、経営のトップになる人は「学びの素早さ」に秀でた人間がふさわしい。企業を取り巻く環境は不安定で、業界の秩序をひっくり返すような断絶的イノベーションが多くの産業で起こっている。英国のEU離脱や米大統領選の行方など世界情勢も不透明。霧の中を手探りで前に進まないといけない時代には、経営トップには「学びの素早さ」が欠かせない要素といえる。将来の幹部候補生を選抜する際にも、「素早さ」のもの差しを当てはめることは有効だ。

不確実な時代だからこそ未知の領域に飛び込み、変革を先導するリーダーが欠かせない。

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。