COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年プロ野球

25年振りの広島カープ優勝で幕を閉じた、昨年のプロ野球。

往年のカープファンとしては、ここ数年のカープ人気は嬉しくもあり、一方、プラチナ化したチケットのおかげで、球場応援の機会がほとんどなくなるという残念な状況でもある。

旧市民球場に限らず、新球場になっても、巨人や阪神戦を除けば、当日球場を訪れたなら、当日チケットで観戦ができたもの。それが、カープ女子などともてはやされだしたここ2、3年は、3月のシーズンチケット発売開始とともに週末分は全席が売り切れ、観戦計画を考え始めたころには、既にチケット自体がないという状況に。

2017年シーズンこそは、赤ヘル帽子を子供にかぶせ、ズームズームスタジアムで応援を思っていた矢先、3月2日に発売開始し、既に週末チケットは売り切れたとの情報を得、遅きに失した事実を知る。

これではまたオークションで割高チケットに手を出さないといけなくなるのか。もう少し何とかならないのかと思うところで。


・・・・・・・
WBCでの日本代表の活躍を見ながら、特に目を引くのが巨人捕手の小林選手の活躍。

ラッキーボーイなどの結果論ではなく、オーストラリア代表戦で、コントロールを崩した岡田投手に駆け寄り声をかけ、そして、アウトにとって再び岡田投手に駆け寄り、その結果に喜んだ姿に代表される、捕手として成長した姿に。

昨年の巨人でのプレー時に感じていた、常に眉間にしわを寄せた固い表情で、打たれた結果はすべて自分の責任とばかりに、配球ばかりを考えているような暗い雰囲気はなく、投手の能力に全幅の信頼を置き、その能力を引き出すための雰囲気を作り出す、捕手に求められる、試合全体を見据える俯瞰の視点、一歩引いてゲームをコントロールするリーダーの一面を見せられる。

その成長の理由を考えたとき、一流の投手が揃い、緊張感のある試合環境を経験したことだけではなく、指導役の阿部捕手から離れたことが最大の理由だろうと推察できる。

巨人では、常に阿部捕手のリードと比較され、投手が打たれたり、試合に負ければ、安易に小林捕手のリードがやり玉にあげられていた。一挙手一投足よろしく、一つの配球を責められ、勝つためのではなく、責められないための理論的に正しい配球に神経をとがらせ、それがいつしか、何を言われても知ったことではないと開き直り、人を寄せ付けない雰囲気につながっていたのではないかと思う。

その環境から離れ、チーム内に自分の配球を責める人がおらず、一流投手の力を最大限発揮することが求められる状況となったことで、相手チームを抑えるための配球をコーチと一体で研究し、投手の調子を見ながら引っ張るリードに変化した。だから、コントロールを乱した投手には、その気持ちになって助言し、抑えたときには一緒になって喜ぶ、投手と捕手が強い信頼関係のもとで共感し、一体となった姿に、リード面での円熟味は足りなかろうと、今の若く勢いのあるチームにはまる、欠かせない存在になったのだと気付かされる。

これは、実社会でもいえることで、人が成長するのは積み上げた経験が自信に変わった時。これまで厳しく指導されていた上司から離れ、新たな環境に身を置いた時、その過程で得た知識、経験が自分の力になっていることに気付き、それを周りの人からも評価されることで、自分に自信へとつながり、これまでの指導で培った基礎に加え、さらに自分の発想を加えて、いい仕事ができる好循環が回りだす。

男子三日会わざれば刮目して見よ

人は成長するということ、それは周りがその環境を作り育てることができることを、あらためて教えられる。

最後に余談ではあるが、実はそれは、働き方改革の中で見落とされている、何か大事なことに気付かされることでもある。


・・・・・・・
プロ野球ネタをもう一つ。

3月9日版日経新聞のDeNA筒香選手のインタビューが印象的だったので、掲載。

DeNAのラミレス監督はどんな人?

「すごく大人。器が大きい。いつも冷静で、感情的になるのを見たことがない。尊敬できる監督です」

これは中畑前監督との比較を大きく感じるものだけど、リーダーとしての在り方を考えさせられる内容でもある。

野球に限らず、完成した選手、仕事ができる個人が最大限力を発揮できるのは、自分を信頼して、任せてもらえる環境だろう。細かな失敗や自分の思い通りにいかないことを感情的に非難されたのでは、萎縮し、指示されたこと以外の余計な仕事はしなくなり、その結果に対しても責任を感じなくなる。任せられるから、上司に恥をかかさないよう、責任をもって、さらにいい結果を出すために努力をするものだから。

ラミレス監督就任当初の、捕手に一球ずつ指示を出すという方針に、捕手の尊厳をなくし、成長をとめる悪しき手法と感じたものだけど、その配球の意図が共有されると、その方向性も変わってきた。自分の発想だけにこだわらない、柔軟な対応も、昨年のDeNA躍進につながったのだろう。

リーダーがチームを変える。プロ野球という結果が全ての世界だからこそ、その取り組みの成果がわかりやすく、実社会の参考にもなる。贔屓のチームの勝利とともに、今年もプロ野球を楽しみたい。
スポンサーサイト

ホームページリニューアル

このたび、ホームページ移設とともに行ったのが、ホームページのリニューアル。作業的には、土曜日丸一日を使って、トップページのみ作り変えたのだけど、そこの至る経緯はいろいろと。

まず、きっかけは、先日、家造り関係を除けば、約8年ぶりに来訪者からのメールをもらったことから。

以前掲載していた、駒澤大学での学生生活を振り返った「学生生活回想録」をあらためて読みたいとの内容で、ホームページの内容に興味をもっている人がいることに、新鮮な驚きを覚える。

山口食事処に力を入れていた頃は、毎月4,5件を開拓する行動力により県内の名の知れた店を網羅するとともに、最大公約数にまとまる口コミサイトにはない、一定の評価軸やそれなり詳しい解説が評価され、毎日40件超のアクセスや、月数件のメールをもらっていたものだけど、更新配分をホームページからブログに移したことから、年数を経るごとに情報としての価値が薄れていくことを実感。

ブログ形式と違い、作業労力の面からも、かつてのような大作を作ることは難しいと思うところで、プラットフォーム機能を残しつつ、維持を優先するのが、現在の方針。メインのコンテンツとなったブログ(日記・家日記)で、ホームページに誘導したいところだけど、利用者は直接ブログを見るスタイルのようで、思惑通りにはいかず。そのため、今でもあるホームページの一日数件のカウントは、何かの検索で引っ掛かって迷い込んだ結果かと、勝手に推察していたところ。

そうした状況の中でのメールだったから、かつて作成したコンテンツに、今も価値を感じる人がいることが素直に嬉しく、作り込んだホームページへの自信をよみがえらせるとともに、いくつかの問題点に気付きながら、意識的な手を抜いていることを少々反省することに。

そして、いくつかの問題点への対応に早速とりかかったのが、今回のリニューアルとなる。

①ブラウザー表示問題
かつて、ブラウザーと言えばインターネットエクスプローラーが主流だったけど、今や、Microsoft EdgeやGoogle Chromeなど複数に。ホームページ作成ソフト「ホームページビルダー」のプレビュー、IE、Edge、Chromeでそれぞれ表示が違い、ビルダーで作ったイメージどおりに表示されない、さらに、自分が使うChromeでは、いくら修正しても表示位置や枠サイズ、改行がうまくいかないという問題に直面する。

ビルダーのバージョンに問題があるのかと、10年前にバージョンアップした12からの更新を決意。最新の21をダウンロード購入して分かったことは、複数のブラウザーに対応するためには、作成方法をビルダーオリジナルソフトではなく、CSSやワードプレスで作る必要があるということ。

これまで作ってきたページを、CSSで作り直す気など毛頭ないのだけど、せめてトップページの見栄えは良くしたいと、ビルダー機能を使い、CSSでの作成を開始。思ったような加工ができずいろいろ苦労しながら、ようやく納得いくページの完成に至る。

使い勝手の面から、旧型同様にフレームを設置し、ホームボタンでメインページに戻れるように。CSSページに憧れて自作した「ページ紹介」のタイルデザインは、ページ数を絞り込んで継承。これまでのオリジナルを活かしながら、より洗練された、いいトップページになったのではと思うところ。これを契機に、その他ページの表示も、できる範囲で直していくこととする。

②広告表示問題
レンタルサーバーの広告表示を嫌い、毎月324円の有料オプションを利用していたのだけど、全く収入に貢献しないホームページ維持管理費用としては割に合わないと、無料タイプに変更したのが、今年初めのこと。当初は割り切っていたのだけど、せっかく作り上げたイメージが崩れるのがおもしろくなく、どこか広告なしの無料レンタルサーバーがあるのではと探して、xdomainにたどり着く。

これまで利用してきたジオシティーズでは、無料版に100MBの容量制限があるため、前回の移行過程で約3割の容量を圧縮。食事処では閉店や評価の低い店、学生生活記などの時間の経過で価値が落ちたページ、県内見所や紅葉見所など十分に作り込めず価値が低いページを選別し、削除。大幅にスリム化を図る。

それでも、90MB近くあり、今後の継続的な利用に影響を与える可能性があるため、容量面からも代替サーバーを探す。

xdomainは、無料、広告表示なし(3ヶ月未使用表示)、容量1GB、FTP利用可能と、ホームページビルダー等の作成ソフトを使うには必要な機能を備える数少ないレンタルサーバー。

アドレスが変わることだけが懸念材料だけど、ブログ利用者には影響がないし、ホームページ利用者ははや限られるしと割り切ることに。

③その他
かつて、趣味や本の紹介などにまで手を広げ、拡張の一途をたどったホームページは、容量圧縮などの機会を経て、大幅にダウンサイジング。今後は、これまでの正確な情報と自分の視点で新たな価値観を、洗練されたページで紹介するというスタイルを突き詰め、さらに内容を重視したページを作り上げていきたいところ。


・・・・・・
最後に、ホームページ更新に回す時間がないからと、すっかり手を抜いていたところをやる気にさせた、いただいたメールの一文を。まあ、昔からおだてられて木に登るタイプだなと思いつつ。

「このホームページはぜひ維持してください。インターネットはさまざまなページが乱立していますが、そのなかで価値のあるページというのは少ないのではないでしょうか。自分に価値のあるページが見つかることは頻繁にあることではありません。
hiro様のページは大変価値のあるホームページだと私は感じました。hiro様自身のしっかりとした考え方、参考になるものばかりです。家造り記からも、周りに流されない自身の考えを信じ貫くような・・・とてもよい刺激をいただきました。」

メインサイト移設のお知らせ

メインサイト「hiro's do my best」を、次のとおり移設

http://www.geocities.jp/hiro77inj/
        ↓
http://hirosdo.html.xdomain.jp/

元サイトのジオシティーズは、開設以来10年以上利用してきたのだけど、広告非表示に有料オプション(月324円)が必要なこと、無料タイプでは容量上限がある上、広告表示により見映えが悪くなることから、移転先を探す。

携帯電話の番号と同じで、サイトアドレスを変えると、かつて訪問したことがある人がたどり着けなくなる恐れがあることから、できるだけ移転はしたくないのだけど、サイトのクオリティー維持には他に方法がなさそうだから。

移設先のxdomainの仕組みを十分理解しているわけでもなく、不具合が発生するようなら、また元に戻る可能性も。いずれにしろ、家日記ブログには影響がないのだけど、当面、両サイトを運用する予定。

引き続き、ご愛顧を。

カジノ法案に触れてみる

カジノ法案、むろん賛成。

競馬・競輪・競艇と公営に加え、最も身近なパチンコというギャンブル環境に囲まれた日本で、何をいまさらギャンブル依存を懸念して法案に反対を唱えるのか、理解ができない。

ギャンブルの定義など、政治的な駆け引きであり、誰も依存症への対策を本気で考えるつもりがない。そもそも国際的に見ても割合の高い日本のギャンブル依存症の原因が、これから開始するカジノにはないのだから、それを盾にすることは理屈に合わず、もちろんカジノにおける依存症対策が、今存在する依存症への対策になることもない。

国内で可能なギャンブルの機会は限られているのだから、コントロールは可能。カジノは、利用者を捕捉できるのだから、最もコントロール可能な仕組みであり、その点からも、望ましいギャンブルと言える。競馬・競輪・競艇の既存公営ギャンブルは、購入条件にマイナンバーカードの提示や、マイナンバーカードを使うICカード・電子マネーの仕組みを導入すれば、利用者や利用状況、損益まで補足可能となり、多くの問題が解決する。

そもそもこの問題の根本は、法制度上ギャンブルと定義せず、野放図になっているパチンコにあるのだけど、政治家や警察機構、業界団体、近隣諸国と複雑に絡み合った既得権益を、その当事者である政治家が解きほぐせるわけもなく、最も攻めるべき野党第一党が、その業界とべったり引っ付いているのだから、この問題が解決するはずも、誰も解決しようとも思うはずがない。

その解決方法は、パチンコをギャンブルと位置付け、行政がコントロールするしかなく、その方法は、過剰なギャンブル施設の統廃合と、やはりマイナンバーカードによる管理になるだろう。公営ギャンブルの施設数が限られるように、パチンコ店を県内5箇所程度に抑えたら、身近なギャンブルという位置づけは大きく変わる。本来、パチンコはカジノに位置づけ、管理すべき施設なのだから、形態を変えることに違和感はない。

既存パチンコ店への補償や、庶民娯楽の保護を掲げ世論形成する既得権益者が大きな障壁となるが、判決一つで、暗黙の中で運用されていたグレーゾーンの金利を、法違反として過去に遡って無効とし、消費者金融制度を崩壊させた先例を踏まえると、パチンコを法制度上のギャンブルと位置付ける判決により、過去に遡り補償を発生させ、実質、パチンコ制度を崩壊させることが可能になるだろう。

最も議論すべきパチンコを、ギャンブルに定義されないからとその対象から外すのならば、ギャンブル依存症対策を議論することなど何の意味もなく、政治家のパフォーマンス以外の何ものでもない。こんな無駄なパフォーマンスにとらわれず、地域への経済効果があり、ギャンブル依存もコントロール可能なカジノの導入に賛成するのである。

先を見れば、喫煙規制と同様、いずれ、身近なパチンコ店が現在と同様に存在することはできないだろう。その時、カジノの一形態に位置づけられ、一定のコントロールの下、設置数も制限されながら、地域に根差して存在し続けることになる。だから、大規模カジノ施設は、それを見据えて位置付け、役割を明確にしておく必要がある。

大規模カジノ施設は、地域振興を目的とし、中国地方、九州地方等の八地方区分の広域を単位に、各地方一箇所等、数を制限して設置する。当初設置する場所は、大阪(関西)、神奈川(関東)等の大都市を外した東西2箇所、それは市や県レベルではなく、各地方知事会レベルで、地方を一体と考えたときに観光拠点・交流拠点をどこに位置づけるか検討し、地方の要望で設置場所を決める。限られた箇所、地方の総意だから、インフラ整備等の予算投入が可能で、実証実験を通して、実態に合った日本のカジノ制度を作り上げることができる。その成功例をもって、他地方に広げれば、各施設が干渉しあわず、観光と一体的な、それぞれに魅力のある地域づくりが可能になる。

規制緩和を政治の道具に使わず、日本・地域経済の将来を見据えたツールとして、それが活用されるための仕組みを皆で考えれば、その可能性は無限に広がるのに、いやはや残念なことで。
プロフィール

Author:hiro

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。