COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車情報収集

10年、10万kmと、順調に走り続けてきたレガシー。まだまだ乗り続けるつもりでいたところ、この夏に迎える車検で25万円の見積りを示され、少々揺れる。

まだまだ走る、多分後5年は思い通りに動く。一方、10kmに近づき、車体の重さを感じさせるエンジンパワーの陰り、また、後部座席の造りからくる乗り心地への不満は、最近感じるところではある。車を使う環境も変わり、もう少し背丈のある車体、スライドドアが必要だなんて声も聞いていたところに、現存価値(現時点の査定価格)を大幅に上回る、ボーナスが吹き飛びそうな車検代を示され、何が悲しくてここまでのコストをかけてと葛藤が生まれる。

車を所有することに過剰な負担を強いる車検、課税制度への不満は別の機会にするとして、このタイミングでこの費用をかけるなら、新車購入も視野に入れてはと、俄然情報収集に力が入る。

運転して楽しい車じゃないと、遠出をしなくなるから、小型車には興味なし(ヴィッツの経験から)。どんな安全装備を積んでも、追突されたら一発アウトの軽自動車は選択肢にもいれない(制動ミスによる軽自動車の事故目撃比率の高さもマイナス。国際競争、企業利益に資さないこのカテゴリーを国策で保護する必要性にははなはだ疑問、と余談)。

そこで注目するのが、走りが楽しく、空間にも余裕があり、燃費も改善してきたカテゴリー、SUV。昨年11月発売の4代目スバル・フォレスターは、そのデザイン、パワー、車体の大きさ、車内空間の広さ、燃費(15.2km/L)ともに魅力十分。アイサイト付の追従式クルーズコントロール、安全装備は、実用向け。ターボの余裕のあるパワー、外観に後ろ髪をひかれつつ、現実路線で自然吸気(NA)を選択肢としてあげる。

image05.jpg



迫力ある外観で存在感ではフォレスターに負けないマツダ・CX-5は、ディーゼルエンジンによる圧倒的なトルクの大きさが魅力。街中でも十分運転を楽しめ、それでいて18.6km/lの燃費+2割弱安の軽油と、気がかりなランニングコストを抑えてくれる。一方、セダン並みの室内空間は車体の大きさと比べると寂しく、非追従式のクルーズコントロールは大いに改善の余地がある。次のマイナーチェンジで、アテンザのクルーズコントロールが移設されればと期待しながら。

ツーリングワゴンの走りの良さと荷物積載能力の高さはレガシーで実感したが、なにせ走り重視で車体が低く、同乗者に優しくない。となれば、やはり行き着くところはファミリーカーのミニバンと、いくつか試乗。
ミニバンを検討して思うこと。軽かミニバン(最近はハイブリッドも)しか売れないというここ数年の国内自動車販売事情も影響してか、とにかく種類が多すぎてよく分からない。

検討に値する価格帯のMクラスは、最も競争が激しい売れ筋車種が並び、日産・セレナ、ホンダ・ステップワゴン、トヨタ・ヴォクシー、トヨタ・ノア、マツダ・ビアンテ等々。その下のSクラスには、トヨタ・アイシス、トヨタ・ウィッシュ、日産・ラフェスタ、ホンダ・ストリーム、マツダ・プレマシー、SSクラスには、ホンダ・フリード、トヨタ・シエンタとひしめき、その上にはLクラス、LLクラスまで用意されている。

実際に運転しないと車の良さは分からないものだけど、これだけ種類があると、1メーカーの試乗だけでも1日がつぶれる。ましてや、他メーカーと比較し、良し悪しを判断しようと思えば、軽くひと月はかかりそう。どれも突出している車はなく、それぞれに長所・短所があるとなれば、やはり実際に乗らないと分からないから。

広い車内空間と、両側スライドドアさえあれば良いなら、どのメーカーでもいいのではという思考停止状態になりつつあるけど、何かと縁があるマツダを手始めに、ミニバン研究を開始したところ。安物買いので、中途半端に妥協して、数年後に買替検討することのないようにしたいところで。


(余談)
いろいろ情報を集めていると、これからおもしろい車がいろいろ出そうで、そちらの方が気になったりも。
・マツダは、アクセラをフルモデルチェンジし、国内は11月に発売予定。アテンザ同様の新デザインを採用、ハイブリッド車は30km/lを目指し、ディーゼル車の発売もほぼ確定。今回の選択肢には上がりそうにないが、アクセラサイズに、2.2Lディーゼルエンジンを積むと、とてもおもしろい車になりそうだなと興味津々。
・マツダ・デミオのフルモデルチェンジは、来年4月頃とか。CX-3なるデミオベースの小型SUVは、果たして市場ニーズをつかむのか。
・トヨタはミニバンのノア・ヴォクシーを12月にもフルモデルチェンジだとか。もう少し時期をずらし、食べず嫌いはやめて、トヨタも候補に加えて検討しようかなと思わせる。

※なんだかんだで、(タイミングベルトを交換しない等)車検費用を抑えて、今後1~2年以内に乗り換えるという選択肢が最も有力だったりするところ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。