COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップワゴン購入

9年目、9万8千キロのレガシィ。8月末の車検を前に、大きな決断。購入時と比べれば、パワーや乗り心地に見劣りが感じられるが、まだまだ十分な余力に後4年はとの思いを覆す、提示された25万円の車検代。生活環境の変化から求められる、両側スライドドア、8人乗りのリクエストも、買替のタイミングとして背中を後押し。車検だけ通し、1~2年のうちにミニバンに乗り換えるくらいなら、その機能が最大限求められる「今でしょ」と。

車の相性は、試乗しなければ分からない。ミドルクラスを中心に試乗したミニバンは、4メーカー5車種。仕事上付き合いのあるマツダを優先したいと思ったけど、プレマシーは後部座席の微振動が気になり、ビアンテはゆとりある空間が後部座席の揺れを感じさせ却下。販売台数トップの日産・セレナは、足回りの柔らかさからか、後部座席で横揺れを感じさせ、試乗レベルで車酔い。王道トヨタは、ノア・ヴォクシーの試乗車がなく、エスティマのみ。こちらも揺れが気になったが、何より、トヨタのスムーズ過ぎるエンジン回転が感覚的に合わずに却下。工業製品としては素晴らしいんだろうけど、感覚的な問題で。思うに、ミニバンは、バスみたいな乗り物で、空間の広さが後部座席の揺れにつながる。それに見合う足回り、車体剛性の必要性を感じるところ。


結果、サイズ、運転のしやすさ、走りの良さ、乗り心地から、ホンダのステップワゴン一択で交渉開始。

価格交渉は、いつも通り。各メーカーの競合車(ノア、セレナ、ステップワゴン等)を競わせ、値引きを引き出すようなようなめんどくさいことはしない。ほしい車を望む値段で買えるか、そのためにはどうするかという交渉のみ。

望む値段。情報を収集した上で、その車に支払う価値のある値段。情報収集に時間とお金は惜しまず、雑誌(「自家用車」が目標値引きが載りおすすめ)やネット(「ステップワゴンを買う」や「価格コム」がおすすめ)と様々な角度から。ステップワゴンだと、装備付属品込みの平均値引き33.8万円、条件次第で40万円も狙えるとの情報を基に、「スパーダZ」と「スパーダZクールスピリット」の2タイプでそれぞれ見積作成を依頼。

ちなみに、ステップワゴンのグレードのうち、スパーダは標準オプションが多く付くことが特徴。アルミメッキを多用した押し出し感の強いフロントマスクも特徴の一つで、個人的には、もう少し品のある大人の落ち着きを求めたいが、乗り心地を優先するなら外観にとらわれまいと受け入れる。

車両、付属品、税金等諸費用込のベース価格は、スパーダZが330万円、スパーダZクールスピリットが340万円。レガシィ下取り(相場)10万円+値引目標40万円で、希望価格を280万円に設定。スパーダZが、せめて280万円台にならないなら、車検継続と割り切っての交渉。

結局、営業マンとの相性だなとつくづく実感。ホンダディーラーは、多店舗、複数系列あり、交渉する方としては助かる。1店目は、300万円台弱が精一杯と前に進まず。セレナの見積りがあれば交渉可能と、自ら身を切る覚悟が見られず。試乗ついでに寄った2店目は、感覚的に285万円まではいけると思うが、280万円は厳しいという好感触。この価格は店長決裁が必要だから、タイミングを見て店長と交渉させてほしいということで、一任。
この段階で、レガシィの査定を買取専門店「ガリバー」に依頼し、交渉次第で20万円までの回答を得、もう一つの選択肢を得る。

翌日に、今日のみ有効との条件で価格提示。スパーダZが289万円、在庫車条件の特別価格だというスパーダZクールが298万円。下取価格20万円の合意を取り付け、もう少し粘って、スパーダZクール275万円で交渉を妥結する。

【まとめ】
商品名:ステップワゴン スパーダ Zクールスピリット(2.0L FF)
色:ホワイトオーキッドパール
標準装備:両側パワースライドドア、スマートキー、ディスチャージヘッドライト、クルーズコントロール
付属品:ナビ(ベーシック)、ナビ装着SP、フロアマット、スクリーンシェード、ラゲッジマット、フレーム、ガラスコーティング
その他:点検パック、延長保証マモル

車両価格: 288万円
値   引: △48万円
付属品計:  29万円
諸費用計:  23万円
下取価格: △17万円
合   計: 275万円
※下取価格の一部を値引で調整


思い立って1ヶ月弱での購入も、納得の買物。駆け引きが嫌いという営業マンと、本音でやり取りができ、気持ちよく契約。決算時期でも見ない価格、店長にはほとんど利益が出ないと絞られたと言われながら、ディーラーオプションや点検パックをしっかり付けたり、希望ナンバーや車庫証明も削らなかったりと、それなり譲ったつもりでいたりする。

それにしても、町中で多く見かけるミドルクラスのミニバンが300万円もするとは驚き。ミニバン王者と評されるトヨタ・アルファードともなれば、購入価格も350万円は下らないとかで、候補にもあがらず。

車購入のタイミングの難しさをつくづく実感。一世代違えば、車の性能は大きく変わり、4~5年毎のフルモデルチェンジ、1年毎のマイナーチェンジでもそのタイミングに悩まされる。ミニバンで言えば、トヨタ・ノア・ヴォクシーが年末にフルモデルチェンジ、ハイブリッドタイプ発売を見込み、ホンダのLクラスミニバン・オデッセイもフルモデルチェンジを迎える。セレナが11月にビッグマイナーチェンジ、ステップワゴンも来年4月にフルモデルチェンジを迎えるとの予測。熟成した現行車とするか、最新機能を盛り込む新型車とするか。ステップワゴンで言うならば、次期型車がダウンサイジングされ、1500ccのターボ付き情報から、現行車の選択に迷いはなかったが。

両側スライドドアに縛られなければ、スバル・フォレスターを選びたかった。本格交渉前ながら、立ち話で280万円の感触は得ていたから、何とかなったのではないかと思う。圧倒的な存在感、パワフルな走り、デザイン、災害時の難路も苦にしない走行性能、広い車内、そして一度使うと手放せないアイサイトの自動運転機能。止まる機能も、人間の判断力が及ばない、もしくは油断が招く事故を防ぐ、ぜひともほしい機能。こんな個性的で、おもしろい車が、同じ価格で買えると思うと、なにか寂しくもある。エンジン性能は抜群、走りに加え、最近は乗り心地にも重きを置き始めたスバルが、ミニバンを出すとおもしろい車になるのではと期待するところ。(ちなみにエクシーガは、ワゴン車の8人乗りで、スライドドアでもない)

新車発売状況を見ていると、日本もまだまだ元気で、魅力的な新型車をいろいろ出していると感心。マツダの新型アクセラには、大いに期待。フロントマスクはCX-5、アテンザを踏襲する魂動デザインで、2.2Lディーゼル車も発売見込。価格も手頃に落ち着くだろうし、マツダセダンの復活を期待。新型フィットハイブリッドは、燃費競争を加速させるか。今回選ぶにあたっては、ハイオク9km/Lとの比較のため、ガソリン13km/Lでも燃費はさして気にしなかったが。

新車購入の嬉しさよりも、愛すべきレガシィと別れる寂しさの方が大きかったりする。これも、新しい車が来れば、また気持ちも変わるのだろうと思いながら。次の車も、元気に、気持ちよく運転を楽しませてくれたらなと願いつつ。



image02.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。