COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ当な意見の紹介

久しぶりに真っ当な意見を目にしたから、紹介。

8月11日付毎日新聞、東電原子力改革監視委員を務める大前研一氏の提言記事。

・・・・・・・・
東京電力福島第1原発事故の発生以降、東電も政府も「炉心溶融していない」とずっとウソをついてきた。当時野党だった自民党も、それまで原子力政策を進めてきた責任があるのに知らんぷりだった。自民党が政権に復帰した際、私は「100日以内に事故を検証せよ」と政調会長主催の勉強会で助言したのに、まじめにやらなかった。再稼働が当たり前のようになり、昔の自民党に戻っている。

安倍内閣は発足時に原子力規制委員会のメンバーを変えなかった。「再稼働するために交代させた」と世論に非難されるのを恐れたのだろう。今の規制委には原子炉の炉心の専門家が一人もいない。仮に福島と同じ状況が起きたら、(前身の)原子力安全員会と同じで対応できないだろう。

規制委は活断層探しばかりしている。活断層の上に新規の原子炉をつくってはいけないルールがあるが、既存の施設には決まりがない。規制委は活断層と分かれば再稼働は中止だというが、活断層によってどんな地震が起きるのか、原子炉はそれに耐えるように設計されているのかを検証したうえで、補強か停止かを決断すればいい。規制委は活断層に国民の注意を向け、自らが再稼働を承認したという責任を逃れようとしている。こういう安易な発想のメンバーは交代させるべきだ。

民主党政権は福島事故の原因を「想定を超える津波」と説明したが、間違いだ。原因は全電源喪失。津波の高さを想定しても意味がない。15メートルの津波を想定しても、実際に17メートルの津波が来たら終わり。住民に「17メートルは来ない」と説明しても信じてもらえないだろう。

今回、福島事故を分析した人間として、原因は完全に克服できると思う。福島第1原発5、6号機は、6号機の屋上にあった空冷のディーゼルエンジン1基が動いたために、生き残った。冷静に分析すれば再発防止策はある。この惨事の経験は非常に貴重で、データは今後に生かせる。

日本がこのまま原子力を永遠にやめるのは敗北思想だ。福島事故を乗り越えてこそ工業国家だ。外国にこの経験と対策をきちんと説明すれば、「日本に頼むよ」と原発輸出の道も開けるはずだ。

福島事故を解明せずに先に進むのは危険極まりない。首相は憲法を見直す暇があるのなら、こっちの方が先だ。
・・・・・・・・

原子力規制委の無責任な対応は、目に余るものがある。結局、再稼働を認めたことによる将来生じうる責任から逃げているようにしか見えない。再稼働を認めないことで生じる電力会社の負担増への責任は誰が取るのか。本来、再稼働を認めることと、認めないことのリスクは同じはずなのに、認めないことが正義のような風潮と、電力会社の負担増を規制委(=行政)が負わない環境が、公平で客観的な判断が期待される学者の判断力を鈍らせている。

活断層の有無に躍起になる姿も、なかなかに滑稽だと冷ややかに見る。活断層の真上の危険性が、30km離れた地点との危険性と比べ、どれほど差があるのか。地震は活断層のみよって起きるわけでもなく、直下の震源が想定を超える巨大地震の揺れを上回るわけでもない。その場所の活断層で、どうのような地震が想定され、それに対してどう対応するか。むしろ、直下の活断層ではなく、南海トラフのような広域に影響を及ぼす超巨大地震にどのように対応するか、その対策が本来求められること。

所詮は、リベラル政権が原発を稼働させないために選んだ人たちであり、学者、科学者としての信念を持たない、結論ありきの価値観を持つ人たちであるかもしれないが。科学的根拠をはき違えている首長も、結局は同類。2千年に一度起こりうる30mの津波という想像上の事象に対応することが科学的根拠とでも思っているのだろうか。まあ、科学的根拠など信用せず、BSE全頭検査を求め続けた国民性だから、(首長やマスコミがそのレベルにあることの問題は別にして)これからも感情論に支配され続けるのだろう。

再稼働が政権の方針となれば、それに従い結論を出す。規制委の役割は違うという大前氏の提言は非常に真っ当で、ようやくこういう意見が取り上げられる状況になったのかと思わず読み込む。まあ、マスコミにすれば、前のめりになる政権への抑止が狙いかもしれないが。

大都市は相変わらずの人気投票で、それがもたらすリスクも見据えずタレントが参議院議員に当選。青島幸男、横山ノックの経験は、はや忘れたらしい。賛同したのは、価値観か人物か。今後6年間の世論の変化を見守りたい。

日本人の度を超えた恐怖心の源はどこにあるのか。自然の力に畏怖の念を抱き、それを受け入れた上で忍耐とともに乗り越えていくのが日本人の性質と思いたいが。強圧的な自己や集団の主張がまかり通る社会の変化、情報化社会が容易にした安易な扇動が、心のコントロールを喪失させているのか。
当時の想定を超える15mの防波堤が津波から村を守ったなど、美談でもなんでもない。それならと、この度の津波に耐えうる17mを防波堤建設や、高台への町ごと移転が最優先に検討され始める。自然災害と向き合い、その中で知恵をもって克服し、千年と人々が紡いできた生活環境を、その一瞬に生じた恐怖から逃げるために、安易な解決策を求めることが、本当に正しい選択なのか。

国家の財政が悪化する中、大震災を受けた命を守る安心・安全という恐怖心を煽ることで聖域化された復興・国土強靭化予算。数十人、数百人の村や町を守るために費やされる何百億円という投資は、一時の地元への潤いを除き何も生むことなく、将来にわたり日本国民の大きな重荷となって、苦しみを与えることだろう。

便利な土地だから人は住むのであり、それが千年、二千年の歴史を持つ選択であるなら、やはりその地に人は戻るだろう。千年前の平安時代の津波どころか、百年前の明治時代の津波さえ、人々の記憶に残っていない。それを今一時の感情で、平地を公園と化し、生活に不便な高台を造成するという大事業を歴史はどう評価するのか。一世代のち、莫大な公共投資で生まれたゴーストタウンが話題にならないことを祈るのみである。
プロフィール

Author:hiro

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。