COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ「新型デミオ」

日産・ラシーンと別れを告げて、はや2ヵ月。ついに、次の10年を担う、新たな車が手元に届く。

今回最も重視した点は、燃費の良さ。主な使用目的は片道20kmの通勤で、年間1万kmを確実に超える走行距離から、燃費の良し悪しが年間十数万円の負担増に直結するという状況に。ラシーンの実燃費・7km/Lでは、手当の範囲を超える大きな負担になることが、15年目の車検というタイミングとも重なり、買替を決意させた要因でもある。

初期投資を抑え、ランニングコストの低い車。車種を小型車に絞り、日産・ノート、ホンダ・フィットに試乗するも、今回本命としたのは、タイミングよく新型車を発表したマツダ・デミオ。

山口県は、マツダが国内に2ヵ所持つ生産拠点の一つで、量産車製造の主力工場として、広島・本社工場を上回る生産台数を誇る。これまでのアクセラ、アテンザに加え、この新型からデミオが防府工場での生産になったことから、まさに新型デミオは応援すべき山口県産の車となる。

とは言え、感情論で身銭を切るほどお人よしでもなく、積極的に検討の候補に入れるといった程度の扱いだけど、CX-5以降、アテンザ、アクセラと最近のマツダ車は、デザイン、走りともに、心引かれる魅力的な車を造り続けているから、価格が手頃な小型車が出るとなると、俄然有力な候補に。

通勤一人乗りが中心だから、後部座席の空間や荷室容量の優先度は低く、経済性に加え、通勤がストレスにならない運転のしやすさ・心地よさ、安全・安心面の機能を重視。
そして、新型マツダ・デミオが搭載するのが、フルスカイアクティブ(低燃費エンジン、高効率トランスミッション、軽量・高剛性ボディ・シャシー)、魂動デザインに、ブレーキ自動制御等の安全装備、そしてなにより、マツダ車の魅力、ブランド価値を一気に高めた圧倒的なトルクとパワーを誇るクリーンディーゼルエンジン。「走る歓び」、「所有する満足感」、「安全・安心の装備」、そして「低燃費・低燃料価格による高経済性」を満たす車を、このクラス、価格で持てるならと、最後の決断を後押しする。

(主な仕様)
車種マツダ・デミオ XD
エンジン1.5L ディーゼルエンジン
ミッション6速AT
サイズ4,060×1,695×1,500
燃費26.4km/L(JC08モード)
安全装備カーテン・フロントサイドエアバッグ、ブレーキ自動制御
タイヤ185/65R15(アルミホイール)
その他マツダコネクト


新居入居までに車を確保するという絶対条件のもと、新型車発売前に先行予約。なにせ、ディーゼル車の納期が3ヶ月待ちの状況だったため、ディーラー確保分を優先的に回し、11月下旬の納車を条件に契約する。
魂動デザイン採用後のマツダは、ブランド維持のために、とにかく値引かない。それは、中古車として手放す際に、自分にとってもメリットがあることだけど、交渉で初期投資を抑えるといういつもの方法が使えないことは、少々痛い。値引きをしやすいディーラーオプションを付けて総額が増えたのでは本末転倒と、最小限の支出に抑えることを優先し、店長の最終説明を受けて、白旗を上げる。

住宅に加えと、一人バブルの様相を呈しているが、理由は単純に、この段階で低燃費の車に変えなければ、結果的に総コストが増えるという一点に尽きる。

そのため、追加の装備関係は何もつけず、XDの標準装備のみ。LEDヘッドランプも、アドバンストキーも、オートライトも、ETCも、カーナビも、バックカメラもなく、エアコンでさえフルオートではなくマニュアルに留まる。オートライトは楽でいいな、革巻きステアリングがいいなと思いはするけど、わきまえる。とはいえ、XDグレードには安全面も含め標準でもいろいろと装備が付いているし、そもそも利便性では前車と同等だから、十分受け入れられる範囲ではあるけど。

値引きを諦めた分、徹底的にコストを削り、車庫証明も自ら取得。ちなみに、購入時には、エコカー減税で自動車取得税・自動車重量税が免税、購入後には、クリーンディーゼル補助金5万円が支給と、ディーゼル車のメリットをひしひしと実感。価格面でガソリン車と悩むなら、補助金5万円を考慮した差額25万円と、経済性(軽油・燃費)の両面から比較すると、自ずと答えが見つかるのではと思うところ。

(結果)
車両価格1,825,200円XD+特別塗装色
付属品18,468円フロアマット
値引き△33,570円△10万円を目指したかったけど・・・
諸費用89,902円 
合計1,900,000円今後、△5万円(補助金)受給予定


(余談)
・デミオに試乗する際は、ドライビングポジションの説明を受ける必要がある。いつもの自分の車での取り方では、シートやヘッドレストの位置に違和感を覚えるだろうけど、マツダは理想の運転姿勢からシートを作り込んでいるから、適切なポジションをとったなら、しっかりとシートに体がなじみ、走り出したら「加速、曲がる、止まる」と操るたびに、車との一体感を実感できる。マツダの言う「人馬一体の走り」とは、理想を掲げたキャッチフレーズではなく、今この車での体感であることを初めて知る。
・力強くも美しい動きのエネルギーを車に再現する「魂動(こどう)デザイン」を採用。生命力を感じさせるスタイル、フロントマスクのデザイン、デザインコンセプトを象徴するソウルレッドプレミアムカラーの美しさに惚れ惚れする。

demio①

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。