COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Naomile

30も後半に差し掛かると、いつのまにか職場には自分よりも若い人が増えてくる。

若手の兄貴分くらいの気持ちで、気さくに相談しやすい雰囲気を出し、仕事に厳しい人が多い職場の環境から、相対的な癒し系だと自称するも、先日の飲みではクールだ、武闘派だ、少なくとも癒し系では全くないと散々に突っ込まれ、雰囲気とは伝わらないものだと実感したりしている。

そこに自覚がないわけではなく、常に冷静、感情的にならないのはいつものことで、一方、勝負の時にはしっかりと組み立てた理論を基に、隙を作らず一気に攻め、さっさと片を付ける方法を取り、仕事ではなにかと勝負する機会が多いから仕方がない。


感情よりも、まずは頭で考えるものだから、目の前で起きることを客観的に見る、必ずどこかに冷めた部分を持っていて、そのため、本音をむき出しにしてぶつかったり、多くの人と一緒に感情を爆発させるというのは昔から得意ではない。

一方、そういう世界にあこがれているから、学生時代から、社会への葛藤、信頼できる仲間との衝突、成長していく姿を内面を掘り下げて描き、その仲間の一員として疑似体験ができる青春映画が大好きで、リアリティ・バイツ、スパニッシュ・アパートメント、トレインスポッティング、恋する惑星、ビバリーヒルズ高校・青春白書等々いろいろ見てきたところである。


最近は、すっかりテレビや映画を見る機会が減り、ネットニュースで見てタイトルだけを知っているというものがよくあるのだけど、先日、なんとなく見ていたユーチューブに「テラスハウス」が引っ掛かり、出演者が自分たちの内面を語る姿に、これは青春映画のジャンルだったんだなと初めて知る。

その中でも、弾き語りの姿には魅せられるものがあり、住岡梨奈さんの歌や楽器を演奏する人々の姿に、これは若手音楽家志望者の集まりかと思ったりもしながら。どう関連するかよく分からないけど、音楽のつながりでGoose houseの存在も知ることになり、音楽を楽しみ、音楽で生きていこうとする姿にパワーをもらう。
※リンクはユーチューブ


そして、CDを出しているようだから、久しぶりにレンタルでもしようかなと近所のTUTAYAに出かけたことが、10数年ぶりの再会のきっかけとなる。

グースハウスのCDが並ぶ、J-POPのコーナーで見つけたのは、視線が集まる中段のゴールデンゾーンに設けられた一押しの歌手を紹介するピックアップエリア、その一角を構成する「Naomile」の文字。ボードには歌手名・紹介文が書かれ、横に並ぶCDごとにPOPで歌の魅力がつづられる。
「声の色で歌を奏でる”ふんわり名人”、05年より「LOVERS POP」シリーズのヴォーカルを務め、ヴィレッジヴァンガードを中心にビッグセールスを記録、若者に絶大なる人気を誇る歌姫。09に1stアルバム「ラブレター」を発売」、そして「100万人に愛された歌姫Naomile(ナオミール)」と。

もしかしてと思いながら、100万枚セールスとはどうしても結びつかず、家に帰ってネットで調べることに。

以下、ウィキペディア抜粋
・2003年より東京都内ライブハウスなどでライブ活動を開始。様々なコンピレーションアルバムに参加
・2005年、第17回フジテレビヤングシナリオ大賞ドラマの主題歌を担当
・2005年よりヴィレッジヴァンガード発売のカヴァーアルバムのボーカル担当。4枚計100万枚セールス記録
・2009年、オリジナルファーストアルバム発売、収録曲がユーチューブ160万回超の再生を記録
・2012年、NHK Eテレ「おとなの基礎英語」のテーマ曲担当
・ささやく様な声、ウィスパーボイスが特徴。まるで話しかける様な、柔らかなボイスで女性を中心に幅広い年齢層を魅了

合わせて、オフィシャルサイトとブログを見て確信する。

Naomileは学生時代の友人で、活動初期の頃には上京のタイミングがあったこともありライブに遊びに行き、CDを購入していたりもする。あれから、十数年、今も歌手として活動し、地方の店にCDが並び、ポップで紹介されるまでになった活躍に、ただただ敬服。

人間、突然成功することなどありえず、成功者の裏には、必ず積み上げた努力がある。その時々の目の前の壁に全力でぶつかり、一つずつ乗り越えることで、気付かないうちに少しずつ成長し、ふとした時に後ろを振り返ると、自分が思った以上に高い所までのぼってきていて、その下にこれまでの経験が土台となり、今の自分を作り上げる広く、深い世界が広がっていることに気付く。

今の成功は、才能を過信せず、すぐに出ない結果に諦めず、継続して取り組んできた結果であり、それを乗り越えてきた姿が見えるから、嬉しくなる。そして、その本人は、それを成功だとも思わず、もしかしたら振り返ることもなく、自分の目標を目指して、今まさに頑張っていることだろう。


青春映画さながら、社会に出て十数年の時を経て、大きく羽ばたいた姿を、思わぬ偶然で知ることになり、夢を現実のものとし、その大きく成長した姿がなにより嬉しく、もらったパワーをまた応援という形で返していこうかなと思うところで。


150524_1646374.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

to Naomile

あら、懐かしい。
そうそう、TUTAYAで見つけたのが嬉しくて、日記に書いたのよ。
いつの間にか十数年の時間が経ち、その間に様々な人たちと交流を重ねていても、同じ空気感を共有した、時間の長さでは測れない若かりし頃の濃密なひと時は、強い印象で記憶の中に刻まれているもので、身近な存在として、その活躍を秘かに喜んでいるところ。
ふむふむ、新たな挑戦を始めたのか。社会に出て20年弱。これまで積み上げてきた経験を何か社会に活かせないかなと思うところもあり、Naomileのチャレンジ精神をその刺激にさせてもらうよ。
ますますの活躍を期待しているよ!!

> 偶然見つけたこの日記!嬉しい♫
> お元気ですか?わたしは、今も元気です!また、新たな挑戦を始めています☆バンドも始めたんです!
> twitterなどもやっているのでよかったらチェックしてみてください!
プロフィール

Author:hiro

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。