COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立競技場問題を振り返る

新国立競技場の整備計画決定とともに多く聞かれた、A案とB案どちらがいいかという話題。

そして、そのたび答える、質問者の、何か歴史的な決定に立ち会っているという軽い高揚感を一瞬で冷ます、どうみてもザハ案が一番良かったとの一言。

例えば予算のように、もっともらしい口実を得ると、火がついたように巻き起こる一部の人間による現状批判、思想のないマスコミは批判の流れを迎合し、さらに煽り、巻き込まれた大衆が津波のようなうねりを作り上げ、あらゆるものを根こそぎ破壊していく。

そうなると収まりがきかないのが、この国の国民性で、たいして思想もなく、その結果得られるもの、失うものが何かも考えず、一時の高揚感で、一視点に過ぎない大きなうねりに流される。時の為政者が、狭まった視野の、聞く耳を持たない原理主義に凝り固まった、政権転覆さえ起こしかねないその流れを止めるには、ただそれを受け入れるしかなく、かつてはアメリカへの宣戦布告を、最近も、その前兆が国会前のデモ行進で見受けられた。

一般国民が納得(≒理解)できるデザインをテーマに見直した結果、尖った先端性は削ぎ落ち、当たり障りのない、日本のどこにでも見られるようなデザインへと収束する。

スタップ細胞問題でも警鐘してきたが、科学や芸術の分野を論じる場合は、根本的な理解やセンスの劣る、この国の大半を占める文系人間は、自らに足りない部分があることを認識した上、一歩引いて謙虚に見守る姿勢で、その分野のプロに判断を委ねるべき。

常に先導したがる、頭だけはいい文系人間は、もっともらしく人を言いくるめる弁だけは立つが、興味があるのはその場の勝ち負けだけで、そこに思想はなく、だから、そこで巻き起こる議論からは何も生まれず、失うものしかない。

これまでも新たな未来は、発想やセンスに優れた人たちによる、当時は理解されない、斬新な取り組みから生み出されてきた。日本には、新たなものにチャレンジできる経済的な余裕と、未知のものを受け入れる価値観、そして、資源が限られるからこそ人間の発想・アイディアを大事にする思想があるはずなのに、心の余裕をなくし、つまらない損得勘定ですべてのものを整理しようとする現状、そこに多様性を生み出し、世界に発信してきた日本の魅力の低下、将来への危機感を覚える。

日本らしい木材多様の建物が見たいなら、明治神宮でも、出雲大社でも、もっと価値のある歴史と伝統を受け継ぐ建築物が、日本中どこに行っても見られる。わざわざ、世界から、国内から、その建物を見るためだけに訪れてみたいと思うものは、どういうものなのか。これまでに見たことのない、未来を感じさせる、感性に響くような、新しいデザインの建築物ではないのか。

世界一高い超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」を見るために、エミレーツ航空を利用し、乗り換えついでにドバイの町を観光する。斬新な建築物には、人の心を揺さぶる、それくらいの魅力があふれ、それは計算書や平均に収束する国民の人気投票からは決して生まれないもの。

オランダのような風変りの建築物が並ぶ街並みをつくってほしいとは思わないけど、50年に一度の大規模事業であるなら、5年、10年で陳腐化するありきたりのものではなく、日本がこの先何十年と世界に誇れるような、未来をイメージさせる、斬新なデザインに挑んでほしかったとつくづく思う。


zaha2.jpg
コンペ応募案


zaha3.jpg
プレゼンテーション案


(余談)
・新国立競技場の恩恵を最も受けるのは、東京都。利用収益で換算するのではなく、観光客、イベント来場者による経済効果、世界への情報発信効果から、損益を考えるべきで、その経済効果算出を踏まえ、東京都が応分負担をすればいいこと。国立競技場が東京都にあることを当然のことと捉え、国家事業だからと、負担を全国民(≒税)に求めるとは、都知事の勘違いも甚だしい。

・国家としての必要性を認め実施する公共事業に、5割程度の地方負担(いわゆる直轄事業負担金)を求めるのは、最も利益を享受するのが、その地域となるため。都知事の態度で言うなら、新国立競技場は大阪や博多に造ってもよかった。五輪も東京で開催され、もっとも多くの国民が利益を享受できる地域性からも、東京に造ることを、合理的に納得している国民に対し、権利ばかりを主張し愚弄することは、無用な火種を生むだけで、慎むべきことだろう。

・総予算2500億円(国1500億円(6割)、都1000億円(4割))、(公共事業等の事業増加でもっぱら競争が働かなくなっている)ゼネコンによるコスト見直しがあれば、ザハ案を実現できただろうと思うところ。


(その他)
・失ったものが何かを思わせてくれる作品紹介サイト「すごすぎて建築できない建築家【ザハ・ハディド】まとめ
※開催時期が10年以上も違う、物価も、価値観(五輪への思い)も異なる他地域のメインスタジアムの建設費を比較することに何の意味があったのか。デフレにより、時の流れが、ものの価値が止まったままの国の、大衆の発想の貧しさ。その間、世界は少しも歩みを緩めることなく、今でははるかかなたに進んでいることを思い知らされる。
※文化ではなく、目の前の生活への歓心を買う施策(H27補正・低年金受給者給付金・約4千億円)となると、弱者保護という触れてはいけない一線とばかりに、マスコミも含めた批判精神が思考停止する、この国の偽善社会を憂う。


・その斬新さに感銘を受ける、アゼルバイジャンの首都・バクーにあるザハデザインの「ヘイダル·アリエフセンター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。