COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州ふっこう割

山口県にいると、熊本市を中心とした震源地付近を除く、九州の安全性に問題がないことがよく分かるから、いつもと変わらずに九州へお出かけ。

5月の連休中は、熊本県での余震がまだおさまらない状況ではあったけど、大分県の別府に1泊でお出かけ。これは、別府近くにあるサンリオキャラクターパーク・ハーモニーランドに行くという重大な約束を果たすため。

この夏には、「九州ふっこう割」という国を挙げての観光キャンペーンが展開されたから、これを利用した再度の大分旅行を画策。ネット販売分はタイミングを逸し、旅行代理店分を狙いに行くも、JTB分は販売開始と同時に売り切れ。気を利かせた顔なじみの店員が、日本旅行の販売で再チャレンジし、大分県での一人2万円、計4万円の補助を獲得。

その結果、連休や長期休暇時期になると、一人1泊 1万5千円程度 → 3万4千円超へと、強気に大幅値上げする、高嶺の花であった「別府温泉 杉乃井ホテル」を、週末、一人1万4千円で利用できるチャンスを得る。

別府市街を見下ろせる展望露天風呂だけでなく、巨大プールや豪華バイキング等、アトラクションを兼ね備えたホテルをメインに、再びハーモニーランドを組み合わせたプランを描き、この夏の思い出にと楽しみにするも、結局、この4月から、家族皆でもう一つ体調が整わない状況が続いていることを鑑み、大分1泊旅行を諦める。


一方、もともと、博多に行く用事に合わせた旅行計画だったことから、手軽に博多を楽しもうと気持ちを切り替え、この日曜日に博多への日帰り旅行を敢行。

普段は費用面から車で行くけど、今回はスピード重視で新幹線を利用。車だと、ガソリン、高速料金で1万円超、休憩をはさみ2時間30分~3時間の道のり。新幹線の場合は、新山口駅-博多駅間で、往復の特急・乗車券が2人で約2万円、乗車時間は36分。ただ、新幹線だと、早めに駅に到着する必要があるため、合計1時間30分程度かかるのだけど、ただ座って、子供と遊んでいる新幹線移動の楽さ、そして朝早くから夜遅くまで、たっぷりと時間を使えることを思うと、その優位性をつくづく思う。

ちなみに、「こだま指定席往復切符」なる、新山口-博多間で、往復6,690円/人の割引チケットもあるから、往復時間が確定し、かつ、1時間弱の乗車時間に問題なければ、積極的に利用したいところ。

たまには都会の刺激を受けるのもいいもので、駅を中心に、巨大なヨドバシカメラの中をわくわくしながら見て回り、駅ビルの阪急百貨店をうろうろ、レストラン街のくうてんでランチ。午後は、アンパンマンミュージアムとキャナルシティで過ごすという、王道の博多日帰り行程を満喫する。

思えば、子連れで博多に行きだしてから、キャナルシティよりも先、天神界隈までたどり着くことがほとんどない。一つには、服や本、雑貨までたいていのものが一つの建物に収まる、駅ビルの阪急百貨店の便利さによるものだけど、700m、徒歩10分程度でつながる博多駅とキャナルシティの距離感がちょうどよく、その中間地点に車を止めたりするものだから、なかなかその界隈より外に出ないことも理由の一つ。

キャナルシティは、以前は若者向けの雰囲気があったけど、ファストファッションのH&M、ZARA、雑貨のFrancfrancが入るイーストビルが数年前にできてからは、お気に入り。1シーズンものと割り切りながらも、たまにアンテナに引っかかる服を、値段を気にせず、手提げ袋に入れる感覚は、なかなか山口では味わえないものだから。


税金による旅行補助の是非はあるのだけど、九州地方の旅行者が回復基調にあることを思えば、その効果も否定できない。九州隣県にいるのと、関西、関東にいるのとでは、その情報量も違うのだろうから、多くの人が足を運び、その安全性を周囲に伝えることは、一定の効果があるのだろう。

はたして、九州全域でやる必要があったのか、そもそもメインの熊本県は皆が避けている状況から、地震被害の大きかった熊本県、大分県のみ、地域は新たな需要掘り起こしにつながる関東以東の居住者と絞り込んでも、良かったのではないかと思いはする。

結果的に、そんな政策の穴に便乗し損ねたものだけど、とりあえず、5月の連休に続き、気持ちの上では九州に貢献。この空気を感じに、隣の都会、博多にまた遊びに行きたいところ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。