COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン大会中止

2ヶ月という限られた時間、夏場の厳しい環境の中、早朝、深夜と練習を重ね、急ピッチで体を作っていく。

環境を言い訳にせず、自分に負けたくないという思いで、自分を追い込み、冬場の大会レベルには至らずも、それなり満足いく仕上がりを見せる。

最後の一週間前追い込みで、3kmを11分44秒(1km・3分53秒ペース)。これなら本番では1km・3分50秒ペースで走れるだろうと自信を持つ。


そして迎えた本番前日、台風12号の影響で、大会中止の連絡が入る。

今年2回目の大会中止。暑さに苦しみながら、自分と闘ったこの2ヶ月間は何だったのかとむなしさを感じつつ、暑さに弱く、これまで避けてきた夏場のランニングを続けてきたことで得たもの、例えば、例年暑さがピークを迎える盆過ぎに必ず感じていた夏バテが今年はなかったことや、過酷の練習を乗り切ったという自信などを思うと、それ以上に満足感を覚えていたりする。

やはり残念なので、これまで仕上げた体で、本番でどんな結果が残せたかを確認できなかったこと。

本番にピークを持っていくため、2週間前から追い込み練習や400mダッシュを繰り返し、1週間前からペースを落として、疲れ切った足を回復させる。そこに、本番当日の緊張感や興奮が加わると、必ず実力以上の結果が出るものだから。


そして、本番での実力以上の結果は見れなかったものの、現時点の実力だけは確認しておこうと、今回も、一人タイムトライアルを決行する。

3km 11分26秒 (1km・3分48秒ペース)

最初の1kmを3分32秒で入り、次の1kmを3分54秒、最後の1kmを4分でまとめる。追い込み練習では、最初の1kmを3分48秒前後で走っていたから、期待以上の数字。ただ、これは前のめりに入り過ぎたもので、もう5秒遅く走れていれば、残り2kmも、3分40秒台のペースで押せたのではないかと思うところ。

2月の一人タイムトライアルでは、3kmを11分9秒(1km・3分43秒ペース)で走っており、練習不足は否定できないけど、これなら本番では、自分の設定した目標タイムを上回る結果が出せただろうと、一人満足して、2ヶ月間の練習を総括する。

なにごとも前向きに捉え、せっかく仕上げた体を維持しつつ、今後、マラソンシーズンを迎える秋・冬大会にエントリーしていきたい。そして思うのは、ハーフやフルマラソンなどの長距離向きではない走り。市内駅伝など、5km未満の距離なら、いい走りができるだろうにと思いつつ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。