COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「防府市・新庁舎建設シンポジウム」を振り返る

居住地・防府市の新庁舎建設は、まさに、今後の防府市のまちのあり方を決め得るもので、個人的にも、まちづくりに関わる仕事がしたいと今の仕事を選んだところもあり、大いに関心を持っているところ。

昨日、1月28日(土)には、市が主催するシンポジウム「新庁舎建設から防府の未来を考える」が開催され、基調講演やパネルディスカッションが行われるということから、現在の検討状況を把握すべく、足を運ぶ。


現在、検討されているのは2案あり、有識者等の検討委員会が推す「駅北側の中心市街地への移転案」と、市議会議員を中心に勢いを増しつつある「現庁舎敷地での建替え案」。

現庁舎敷地建替え案には、コスト面や(100億円>130億円)や防災拠点(佐波川洪水未浸水エリア)、建替え時期(用地買収不要)に優位性があるとのことで、住民アンケートでも、優位な結果が得られたとのこと。

住民投票のリスクは、言うまでもなく自分自身だけの利益や、周りの声の大きな人に引きずられ、将来を見据えた合理的な判断ができないことにあり、だからこそ、日本は間接民主主義を採用し、知識と情報を持つ、選挙で選ばれた代表者により運営されている。そのため、住民投票やアンケートに判断をゆだねるのは、議員としての責任放棄以外の何物でもないと思うのだけど、住民投票は民意の象徴という昨今の風潮や、それを都合よく利用する人たちがいるから、さらに話はややこしくなる。

居を構える住民にとって、そのまちに求めることは、このまちで暮らし続けていくための最良の判断をしてほしいということだけ。

それが、賛成派、反対派が感情的にぶつかり合い、本来議論すべき、今後、将来にわたってこのまちで暮らす人々にとって、どのようなまちが望ましいか、という建設的な提案の環境にないのであれば、そこに一石を投じる必要がある。そしてそれは、これまでのように、ただ傍観者として日記に書くだけではなく、これまで積み上げてきた知識、経験に基づき、必要な場で、必要な発言をする、社会的責任のある年齢、立場になったという思いも。

将来を含めた、今後のまちづくりを考えたならば、駅を中心にコンパクトに機能を集約する「駅北への庁舎新設」しかなく、この防府市の仕組みを変え得る機会を、得体のしれない何かに変えられてはならないとの使命感も持ちつつ。


大きく方向がずれなければ、清聴しようと思っていたのだけど、質問時間での議事進行を止めるほどの反対派のヤジ、そして、賛成派の気配のなさに、これは住民意見が反対論に終始したという結論になりかねないと、節操のないヤジへの反感もあり、賛成派からの質問もあればというところで挙手。

まずは、賛成派・反対派という政治的な立場から参加したのではなく、一市民としての率直な意見であること、また、前の意見で出た年配者による“若い世代に大きな負担を残すわけにはいかない”という正論もどきの反対論を打ち消すため、「市内に高齢者の両親も持つ、子育て世代」という属性を説明。

続いて、検討委員を含む参加者全員に、検討すべき大きな方向性の共通認識をもたせようと思い、「新庁舎によるまちづくりとは、中心市街地活性化のためだけでもなく、今の市民だけでもなく、これからの市民も含めた、今後、50年、人口減少社会を見据えた上での、このまちで暮らし続けていくための、まち全体のあり方、防府市民の暮らし方を決めるもの」という認識論をぶつ。

これは、市長や講演者、パネリストの説明を含め、市庁舎移転が、中心市街地活性化の切り札というスタンスにあることへの反論。はっきり言えば、中心市街地とは、その時代時代により移り変わってきたもので、今の時代の人にとって便利なところがまちの中心になるだけのこと。ここに税金をつぎ込み、まるで義務のように中心市街地を活性化施策を展開するから、市場経済は歪み、本来の必要な投資が削られ、衰退市場が延命されることになる。ましてや、防府市のように、商業地は郊外や駅南の大型商業施設に移り、駅前商店街が既に機能していないところを活性化するために、100億円超をかけて庁舎を移転するのでは、市民が納得するはずがない。さらに、駅北の開発に焦点を絞ると、それ以外の地域居住者の賛同を得られず、検討委員会をはじめ、この視点のずれが、賛成・反対の感情論になっている要因だと、まずは気付いてほしいとの思いから。

駅北に庁舎移転する理由は、「今後、50年を見据えた社会を展望した時、防府市が人口ビジョン、地方創生総合戦略に示す、人口3割減、116千人→8万人社会で、防府市で暮らし続けるための環境がどうあるべきかを考えた末の結論」に尽きる。

「住民の暮らしに必須の行政機能を維持するためには、駅を中心に機能を集約し、効率的で、強い核を中心に持つまちにすることこそ必要で、それがもたらす波及効果・相乗効果により、経済の好循環ももたらし、結果的に、中心市街地をはじめとしたまちの活性化へとつながる」ものと言える。

「現在の総合戦略で示す課題、交通政策、雇用の創出、流出人口の抑制、さらにまちの活性化は、駅北への庁舎移転で解決できる。今の市役所機能を新庁舎に求めるのではなく、新庁舎での新たな仕組みづくりを考えていくべき。

例えば、交通政策では、市役所で働く500人の職員に対し、原則車通勤を禁止することで、新たなバス路線が生まれるだろうし、そうすれば新市庁舎の駐車場確保の問題が解決するだけでなく、今後、確実に規制が強化されるだろう高齢者の自動車運転禁止に対する解決策にもなりうる。さらに、職員がバスを利用することで、現在の市役所と自宅とのドアツードアの移動から、帰りに商店街で買物をしたり、仕事終わりに一杯飲みに出かけたり、街中にあることでランチに外食する機会も生まれ、まち自体の活性化にもつながる。

雇用の創出については、駅北に核を置くことで、企業の営業所の進出など、新山口駅での再開発に負けないビジネス拠点の創出につながる可能性があり、現在、防府市の産業の中心である自動車関連をはじめとした工業から、新たにサービス産業の雇用機会を生み出す可能性がある。流出人口の中心となる文系の大学生は、現在は防府に帰ってくる機会が限られるが、そうした3次産業の雇用を創出することで、防府市に居住する機会を得、結果的に人口増加につなげることもできる。

検討委員会も含め、もっと大きな視点から、新庁舎移転を検討してほしい。」


等々、こんなことを言ったのけど、まあ、振り返ると反省点ばかり。

まず、もう少し事前に論点を整理していっていれば、もっと分かりやすく説明できただろうし、結果的に、勢いに任せての早口の説明にもならなかっただろう。高齢者の参加が多かったから、ゆっくり話そうと思っていたのだけど、論理的に説明することばかりを意識したのが、まだまだ未熟なところだと反省。

さらに、本来の求められた、パネラーへの質問をなおざりにしたことも。感情論が突出していた現状から、まずは、認識共有を優先しようと、パネリストそっちのけで展開。せっかくなので、「それを踏まえ、次の2点を質問します」と言い損ねた内容を書いてみる。

①庁舎案の見直し
・検討委員会の現在の庁舎案は、民有地を追加取得する1棟の8階建て、または公有地のみの複数棟が挙げられているが、ビジネス拠点を目指す民間活力導入を考えるのならば、できるだけ市庁舎用地の利用を抑え、民間立地を残すべき。その場合、民有地を取得せず、1棟で8階建て以上の建物とする方法があるが、どのような検討を行ったのか。なお、市庁舎において市民の窓口業務は限られるので、高層建物であっても1階部分に十分機能すると考えるがいかがか。

②「防災拠点としての対応」への評価
・検討委員会では、防災拠点として、現庁舎建替えが大きく優位と評価しているが、どのような検討の結果によるものか。佐波川洪水ハザードマップにおいては、現庁舎も0.5m未満の浸水区域であり、かつ、周囲の浸水により、職員が市庁舎に近づけず、機能しない可能性が高い。市庁舎が担う、防災対策本部機能、罹災証明等の災害行政機能、物資供給拠点機能等は、2階以上に設ければよく、優位性を感じない。さらに、地震等の災害に対しては、現庁舎は周囲に警察署や国・県事務所が集積しており、リダンダンシー(多重性)の面で劣る。鳥取県中部地震においては、倉吉市役所が震度6弱の地震により損壊した際、2km離れた県総合事務所に市の災害対策本部を設置したように、災害対策は、一つの建物だけを絶対視せず、地域の各拠点の利用を見据えた柔軟な対策とすべきで、そうした視点の元、防災拠点のあり方を評価すべきではないか。


とまれ、400人を超える参加者皆にどこまで理解してもらえたかどうかは別にして、思いを切々と訴えた大演説の結果、賛否双方から感情的な野次り合いはなくなったのだから、皆が、これからもここで暮らす自分や子供、孫のため、原点に立ち返り、真摯にあり方を考えてみる必要があると思ってもらえたのではないかと、期待しているところで。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。