COUNT-   T-  Y-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕陽の美しい町

日経新聞に連載された、サントリー創業者・鳥井信治郎を題材とした「琥珀の夢」を読んだのが、久しぶりの伊集院静の小説。彼の本を読んだのは、いねむり先生、大人の流儀の二冊で、積極的に選択することはないのだけど、同郷の防府市出身だったり、25年前の直木賞受賞時に、地元の本屋に来店しサイン会が行われた印象等から、遠い親戚のようななんとなくの親近感を勝手に持っていたりする。

小規模本屋が多い山口・防府市界隈では、売れ筋の単行本やロングセラーの文庫本ばかりが並び、店内を散策しながら、積まれた本の中からおもしろい本を見つけ出すという楽しみ方が難しく、店舗に置かれる、お気に入りの著者の新作ばかりを確認する作業になりがちなのだけど、今回は、その書評にひかれて、久しぶりに伊集院静の本を手に取ったことから、ここで紹介。

「若い時に旅に出なさい、と先輩たちがすすめるのは、人が人に何かを教えたり、伝えたりすることには限界があり、夜のつかの間、後輩たちに語って聞かせる人生訓がいかに周到に準備されたものであれ、そこにはおのずと言葉によって伝達する壁がある。“百聞は一見にしかず"とはよく言ったもので、百回、エジプトのギザのピラミッドの大きさを聞くより、一回、本物を目にすればすべてがわかるのである」

『悩むなら、旅に出よ。 ~旅だから出逢えた言葉Ⅱ~』という本で、旅の捉え方に共感すること、そして、旅で出会った言葉とそのエピソードがなかなか心に響き、いつものぶっきらぼうな生き方の描写とあいまり、いい味わいを見せていることから、これはじっくりと、コーヒーでも飲みながらその情景を想像しつつ、描かれた世界に浸りたいなと思い、購入。

なにより、購入の決め手になったのは、この言葉を手元に置いておきたかったから。

同郷の歌手・山崎まさよしとの対談で、「お二人の故郷はどんな所でしょうか」と編集者に訊かれたくだり。

山崎さんは少し考えてから言った。
「夕陽の綺麗な町です」
私は、思わず息を飲んだ。どうしてあんなに何度も見ていた夕陽に気付かなかったのだと思った。たしかに夕陽が美しい町だ。

自分の町を表す言葉。防府市は歴史の深い町で、様々な文化的な遺産や、歴史のエピソードがあるのだけど、そういう表層的なことではなく、人間が作り、積み上げたものを排除し、人が生きる生活の場としての日常的な視点から、土地そのものの魅力を捉える感性に対する凄み。そして、突き刺さる言葉。

確かに、夕陽が美しい。西の山に沈む、赤く大きな夕陽に心をとらわれることが年に何度とある。こうして言われてみると、どうして今までそんなことがすんなりと言葉に出てこなかったのだろうと思えてくる。

夕陽の相対的な評価は難しく、その背景に海や古の構造物があるなど、他にはない特別な何かがある場合を除けば、同じタイミングで、他の地域でどのように夕陽が見えているかを測らない限り、他地域への優位性を語れないことも確か。

ただ、夕陽の美しさは何かと比較しなくても、人が心で感じることができるもの。まぶしかった太陽が赤みを帯び始め、一日の終わりを告げる頃、どこからともなく、現地の人も旅行者も目の前のことの手を止め、自然と海辺に集まり、海へと沈みゆく大きな夕陽を静かに見守る。二十歳の頃に、マレーシアのランカウイ島で目の当たりにしたあの景色こそが、万国共通で人を引き付ける夕陽の持つ魅力に気付かされた原風景。

その魅力に地域の人たちが気付くことで、また違ったこの土地の魅力を発信できるのではないかと、多分それは特別な何かではなく、この土地で過ごす際の一つのプレゼントのような感覚で。それをどのように、どのような形で見せるのが、人の心に響くのか。それを感じることができる人たちが集まれば、何かおもしろいことができるのではと思いつつ。

それを気付かせ、考えさせられた、今後に活かせそうな何か大事な言葉だと思うから、この本を手元に置くことにしたというわけで。


表紙の写真がよく、これだけでも本棚に飾りたくなる。自分の本づくりでは、こういう表紙のイメージを求めて試行錯誤したなと懐かしく思い出しながら

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:hiro

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。